QRcode Raccoon Digital Media Works
電話番号 : 050-7110-0524
MAIL:shop@rdmw.com
TOP お取り扱い商品 G体感 シミュレーター レンタルピット タイヤ交換作業 走行会情報 RDMWについて テスト車両紹介 スタッフブログ
RDMW website

Jul 13, 2018

9/9 SUGOスーパーチャレンジ耐久にご一緒しませんか?!

image
地味にイベントが混みあってて忙しいまるそうデス。ご一緒できる方募集中です!。

 というわけで、うちのレンタルサーキット車両のアルテさんですが、9/9にSUGOで大沼プランニングさんが企画するスーパーチャレンジ4時間耐久への参加を検討しております。

image

 いつもはSUGO体感180min耐久を主戦場としているアルテさんですが、こちらのイベントには昨年も参加させていただきました♪。そして、赤旗に遭って3時間ちょっとで終わってしまったのも苦い思い出(汗)。

 というわけで、今年は4時間キッチリ走りきるべく、再度挑戦しようと検討しており、そのドライバーとピットスタッフを募集しております。興味がある方はお気軽に「耐久参加希望」とご連絡ください

image

 ウチの耐久の方針としては、あまり勝ち負けにはこだわっていません。車種的にも上位入賞は厳しいモノがありますし(汗)。もちろん真剣に取り組みますが、レースの順位や他チームを意識するというよりは、如何にアルテさんの限界を引き出すかに挑戦するスタイルです。

image

 その代わり、アルテさんはこれまでに何人かに乗っていただいており、ロガーデータの蓄積があります。おかげで、走りのチェックにはもってこいです。どちらかと言えば、耐久レースを体験しつつ、ドラテクの見直しや修正をしましょう、というのが主目的になっている感じです。

image

 ドライバーさんの予算的には、おひとり様4.5万円+ガソリン代となっております。練習走行をする場合は別途。クラッシュした場合は、車両修理費用は実費(上限30万、耐久当日は理由を問わずドラ全員で頭割り負担)です。

image image

 また、給油やドライバー交代のサポート等をしていただける、ピットスタッフさんも同時に大募集中です。当日の昼飯補助ぐらいしかありませんが(汗)、一緒に耐久レースを支えてくださる方、是非お声がけください。

image

 ちなみにワタクシの脳内目標想定は、ペースが1周1分51秒、燃費が3.7km/L辺り、総走行周回数で120周を考えております。先日の体感180min耐久ではペースは同じながらも目標燃費が3.4km/Lでした。つまり、今回はさらに燃費を気にしつつの走行が求められる感じです。

 ちなみに、アルテさんは7800rpmの全開で走るとSUGOを1周1分44秒台、燃費が3km/Lになる車です。また、全域を6000rpmで縛ると1分49秒台、燃費が4km/Lになります。一応、実現可能な数値と言えない事もなさそうかと。その辺りのドライビングについてもチーム内で検討予定です!。

 ともあれ、9月も序盤となればまだまだ残暑が厳しい季節!。暑い一日をさらに熱いレースで盛り上がりましょう!。ドライバーさん、スタッフさん共に大募集中ですのでよろしくご検討アレ!。

 ドラさんの募集ですが、早割になる受付が7月いっぱいとなっております。ので、募集は7月30日までとさせていただきます。また、参加人数が集まらない場合は、12/2の体感耐久への参戦計画にスライドする場合もありますのでご容赦ください。

Posted at 14:16 in SXE10 | Comment () | Edit

Jul 05, 2018

7/1 SUGO体感180minにアルテさんで参戦! 兵どもが夢の跡

image
家に帰るまでが遠足だと思うまるそうデス。耐久はむしろ家に帰ってからが本番!。

 というわけで、7/1にSUGOで行われた体感耐久にアルテさんで参戦させていただいて無事に走り切ったトコロまでが前回のレポートでした。物語なら「そして幸せに暮らしましたとさ」とフィナーレが付くのですが、現実は残酷にも続いていきます。ので、今回は「事後」のお話を少々。

image

 まず、戻ってきてしたのは、車両の点検です。でも、点検しようとしたら、シートが「ぐちゅぅ」と音をたてたので、天日干しするところからスタートでしたが(笑)。

image

 男汁が乾いたところで、リフトに掛けて、ハブのガタを点検したのちに、ホイールを外します。そして走行後のタイヤ面のチェック。ふむふむ。当たりもまんべんなく、トレッド面もそこそこ綺麗です。

image

 タイヤがOKなら、お次はホイール。タイヤカスを落としながら一本づつ洗って、ホイールに異常が無いかチェック。

image

 ホイールが外れているので、ブレーキ周りのチェックもそのまま。

image

 パッドも引き抜いて、残量と摩擦面の状態をチェック。ついでに、ピストンやらスライドピンの動きも確認しておきます。

image

 そしたらリフトを上げて、腹回りの点検です。各ボルトを締めまししつつ、油脂類の漏れやにじみがないか見て回ります。

image

 ミッション周りもぉ〜。

image

 リアの駆動系も。

image

 一通りみたら、車を降ろして外観のチェック。飛び石によるダメージなどが無いか点検します。多少のトラブル(ぐちゅぅ、とかね)はあれど、概ねアルテさんの健康状態は大丈夫そうです。

image

 車両の点検が終わったら、今度はデータの整頓です。まずは目標と達成状況をば。

 今回の耐久は総走行周回90周が目標でした。そのためには、ラップタイムは1分51秒程度、燃費は3.4km/Lを達成する必要がある、という事でした。

 結果として、走行周回数は88周!。わずかに目標には届きませんでしたが、セーフティーカーが3周程入り、そのディレイが5分程度あった事を鑑みれば、目標達成したと言っても過言ではないでしょう。ドライバーの面々の努力はもとより、素晴らしい給油作業をしてくれたサポート員の方や、応援してくださった皆様のおかげです!。

image

 燃費については、走行終了後のタンク内残量は約12Lでした。アルテさんのタンクが60Lで満タンスタート、途中20Lを2回給油したので、今回の利用燃料量は、

 60+20+20-12 = 88L

 なんと、ジャスト1周1Lで走れてます!。通常の燃費表記にすると、3.7km/L!。目標を軽く超える値です。

 むしろこれぐらい燃費が良かったのなら、もう少しペースを上げてもよかったかもしれません。走行途中に熱で無線が死んでしまって、ピット・ドライバー間の通信がピットボードのみになってしまったので、調整をしきれなかったのが悔やまれます。

 目標のどちらも達成できたので、残すは紳士協定が守れていたか否か!でしょうか。今回の耐久でのお約束事は二つ。

 ストレートは7000rpm縛り、最終侵入はブレーキを踏む

 というモノ。そして、アルテさんにはGPSロガー パフォーマンスボックスに加えて、マイクロインプットモジュールが追加装備されております。GPSログだけじゃなくて、エンジンの回転数、スロットル開度、ブレーキのON/OFFもきっちりログに残ってますぇ〜。

image

 そんなロガーデータが、上のモノ。まずはワタクシの予選(赤)と決勝中(青)のベストラップの比較です。上から、車速、ブレーキON/OFF、エンジン回転数のグラフです。

 やや余力のあったワタクシは決勝中は全域6000rpm縛りで走っています。4コーナーを除いて、ほぼ1段上のギアを使って走る事に。そのため、車速グラフは決勝中データ(青)はどうしても加速が鈍ってます。逆に回転数グラフの赤と青の間の面積が、セーブできた燃料に相当します。

 で、真ん中のグラフがブレーキのON/OFFです。車速グラフの最後の「谷」の部分が最終コーナーの侵入に該当しますが、どちらもブレーキを踏んでいる事が判ります。

 というわけで、今回「」ワタクシ、紳士協定セーフです。

image

 お次は2番手ドライバーの某氏!(青)。比較対象の赤はワタクシのレース中のもの。流石はチーム内最年長。見事なドライビングです。もちろん、最終コーナーのブレーキも、ストレート上の7000rpm縛りも問題なし!。お見事です。

image

 さに三番手ドライバーの某氏!(青)。・・・、アレ、ちょっと、7000rpmをオーバー気味です(汗)。レブまで引っ張ている訳ではありませんが、300rpm程オーバー。まぁ、300rpmぐらいは誤差の範疇デスヨ。でも、最終コーナー手前のブレーキが無いのはちょっとアレ。タイヤへのいたわりを次回は心がけましょう。紳士協定アウトです。協定ぶっちぎり同盟にようこそ(爆)。

image

 そして、チェッカードライバーの某氏。流石はアルテマイスター、高いペースを保ちつつも見事に両協定はばっちりとセーフ。お見事でした!。

 実際にはもっとマニアックに分析してます。もちろん、ベストラップだけじゃなくて全周チェックです。もちろんドライビングに関しても「ダークまるそう」登場でネッチリこってりイヤらしくつつかせていただきました♪。が、その辺りはチーム内限定のお話で(笑)。

 という感じで、走行後のモロモロチェックも無事に終わり、SUGO体感180min耐久の締めとなりました。ご一緒していただいた皆様、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

 さて、このアルテさんですが、次回は9/9の大沼プランニングさんのSUGOスーパーチャレンジ4時間耐久に参戦を検討しております。例によってドライバーさんもお手伝いさんも絶賛募集中となります!。興味がある方はお気軽にワタクシまで「耐久参戦希望」とお知らせください。

Posted at 18:50 in SXE10 | Comment () | Edit

Jul 04, 2018

7/1 SUGO体感180MINにアルテさんで参戦! 決勝編!

image
暑かったゆえに冷やしうどんがおいしかったまるそうデス。エネルギーチャージ完了!。

 というわけで、SUGO体感180min耐久にアルテさんで参戦してきたレポート第二段です。前回が予選まででしたので、今回は肝心の決勝部分から。

image

 今回のRDMWはおっさんドライバーx4での参戦でしたので、いろんな意味で体力的な不安がどうしてもぬぐい切れませんでした。が、そんな中、若手がサポートスタッフに名乗りを上げてくれました!。炎天下でのピットボードの提示や、ガソリン給油作業等、体力的にハードな部分を受け持ってくれました。おかげでレースに全力投入する事ができました。本当にありがとう! > お二人。

image

 そんなチームメイトに見守られつつ、まずはワタクシが走ります。いつもは総走行時間を5等分して、それぞれが担当します。が、今回はドライバーが足りず、ワタクシが2人分を担当するので、約70分のロングスティント。

image

 一番気温がある時間帯という事もあり、なかなかハードでしたが、その間息子は新婚ホヤホヤの奥様に遊んでいただいていたようです(笑)。

 さておき、燃費の厳しいアルテさん、ペースは上げずに回転を縛って走ります。「紳士協定」では2本のストレートは7000rpm縛りでしたが、多少余力のあるワタクシは全域を6000rpm縛りで。なんとか1分50秒を切る程度で周回します。

image

 が、途中、バックストレートのグリーンゾーンに擱座するする一台の車両が!。あ、クルマドーさんトコロのフィットだ!。S/Cが入る!。

 4人ドライバーで挑んだ今回の体感耐久ですが、基本が5人ドライバーを前提としています。そのため、ドライバーが足りない場合も、最低限4回のピットINをこなす事がルールになっています。

 「ダミーピットINするよ!」

 S/C介入と同時にピットに戻り、エンジン止めて、降りて、ドア閉めて、ドア開けて、乗り込んで、Go!。ピットエンドの信号は?!。

image

 青だ!。ほぼベストなタイミングでのピットIN、そしてほとんどロス無くコースへ復帰する事に成功します。S/Cの隊列に最後尾にうまく戻る事もでき、理想的なダミーピットをこなす事ができました!。

image

 そんな幸運にも恵まれ、また、走行も順調にこなすことができ、なんと暫定ながら総合1位に!。

image

 そして規定の70分を走り切ったところで、そのまま次のドライバーさんにバトンを回します。が、しかし、アルテさんの耐久参戦は「勝ち負け」が主目的ではありません。あくまで耐久の体験と、ドライビングの見直しが最優先課題。今日は勝ちを狙う日ではない事をチーム内で再確認。無理せず無茶せずがモットーです。

image

 2番手ドライバーはチーム内最年長の某氏!。今回が初めての走行となるアルテッツァをこの酷暑の中、安定的に走らせてくれます。

image

 あー、こりゃ、安心して任せられるわぁ、とひとり水遊びに興じるワタクシ。今日みたいな日はプール持ってきて正解やったわぁ。

 と油断していたら、予定走行時間を少し残してピットレーンに現れるアルテさん!。何事?!。

 「クラリと来そうなので戻りました!」

 素晴らしい判断です。走り続ける事よりも、引く選択を取るというのは非常に難しい。でもk、さすがはベテランドライバー、冷静な判断で無理無茶無謀をする事なく、きちんと車をピットまで届けてくださいました。

image

 そして、ご安心ください。RDMW耐久チームは「常在戦場」です(ワタクシを除いて)。次に走るドライバーは、前のドライバーがいつ戻ってきてもいいように、いつでも走れる準備をしてピットに待機しています。また、若手給油チームも、燃料の準備も万全!。

 まずは給油。1台チームのRDMWは給油作業が欠かせません。ワタクシのプラン的には作業はおおむね1分を予定していました。が、若手二人の連携の取れた素早い動きはワタクシの予想を超えた仕事をしてくれました!。実に予想の33%以上も早く、かつ着実に給油作業をこなしくれました!。

image

 飛び乗る3番手ドライバーの某氏!。2ペダルMTのセレマイスターの上に、普段お乗りの車は左ハンドルMT。RHD MTのアルテさんには一番なじみが無いのですが、そこは技でカバー!。練習走行でのラップタイムすら超えるペースで走行を重ねます。

image

 が、ハイペースの代償か、SPoutの縁石に弾かれたり、馬の背のブレーキングで挙動を乱したりと、少し怖い目にも。が、しかし、スピンモードに陥りつつも致命的損傷を避けてコースに復帰してくる辺りがレース慣れしています!。

image

 走行予定をわずかに残してピットIN。無事に次のドライバーにアルテさんを託します。が、その前に、このピットストップでも再び給油作業!。再び若手二人が素晴らしい仕事をしてくれました!。ありがとう〜。
B image

 そして、最後を飾るのは、チーム内でもっともアルテさんに乗っている、このお方。練習走行でも唯一50秒を切ったアルテさんマイスターの登場です!。

image

 その巨体ゆえに乗り込みにはやや手間取ったものの、アルテさんに収まってしまえば、手足のようにアルテさんを操ってくれました!。今回は1'51秒が目標タイムでしたが、見事に51秒代を連発!。時には50秒代にすら入れてくる走りを披露してくれます。

 しかも、2番手、3番手がやや早めにピットに戻ったため、予定より走行時間が10分程度延長されていました(汗)。しかし、そのロングスティントを次々とバックマーカーを躱しながら安定した高いペースで周回!。流石はマイスター!。

image

 見事にチェッカーまで耐え抜いてくれました!。

image

 長く苦しい戦い、お疲れ様でした!。

image

 最終的な結果としては、予選総合7位、決勝総合7位、1台参加チーム中3位で、今回も表彰台に上がる事ができました。今回も素晴らしい結果が残せたのも、ドライバー勢、サポートに来て下さった方々、応援してくださった皆さんのおかげです。本当にありがとうございました!。また、イベントをご一緒していただいた皆様のおかげで熱く楽しい一日を過ごすことができました。ありがとうございます。

image

 表彰式が始まると同時にたたきつけるような雨が降り始めましたが、撤収作業が終わるころには綺麗な夕焼けが。ご一緒していただいた皆様、素敵な一日をありがとうございます!。

 という感じで綺麗にしまったRDMWアルテさんの体感180min耐久への挑戦ですが、まだちょっとネタがありますので、次号をご期待アレ!。。

Posted at 22:42 in SXE10 | Comment () | Edit

Jul 03, 2018

7/1 SUGO体感180minにアルテさんで参加させていただきました! 予選まで

image
プレートの日付が違うのは全員分(?)らしいと聞いたまるそうデス。前回の日付やん(笑)。

 というわけで、7/1(日)にスポーツランドSUGOで行われた体感180min耐久 特別戦にうちのアルテさんで参戦してまいりました!。ご一緒していただいた皆様、ありがとうございまーっす。

 ナニやら世の中では「ワタクシ=雨男」などという誤った認識が流布しつつあるようですが、7/1はものすごーーーっく晴天!。30度を越える真夏日となりました。

image

 コースびちょぬれ?。いゃ、コレ、レース後の夕立です。走っている間はドライだからセーフです!(ナニが?)。

image

 さておき、SUGO体感180min耐久と言えば、車両の入れ替えOKというのが特徴のイベントです。が、RDMWでは、より耐久感を味わうため&ドライビングの見直しのために敢えて1台車両を乗り継ぐ形での参戦としております。今回もアルテさんに鞭打って頑張ってもらいました!。

 体感耐久は3時間の決勝のほかにも、慣熟走行が2周、練習走行が70分間、予選が15分と結構走れる枠があります。今回も当日ブッツケで乗っていただく方がみえましたので、練習走行の時間がそれなりに取れるのは助かる限りです。

 が、今回のチームメイトはワタクシ以外全員がアラフィフ!。なんと今回はワタクシが最年少です(汗)。車よりもドライバーが真夏日の中の耐久レースに堪えられるのかが少し心配されます。

 が、その分、蓄積された技は十分です。初乗り&久々ドライブでもさっくりと目標タイム近辺を出してくださいました♪。さすが、ベテランドライバーズ!。

 ちなみに、今回の体感耐久は「特別戦」です。ラップタイムで1'46秒を切る車両は参加してはイケないルールになっております。

 ・・・アルテさんの過去ベストは1'45秒をちょっと切るぐらい(汗)。でも、それは気温等の条件がいいときの話。この気温だとラップタイムが1〜2秒落ちるだろうから、全開でもジャストな感じになるハズ。

image

 ただ、7800rpmのレブリミットまで全開振り切ると、燃費は脅威の3km/L。激烈に悪いです(汗)。SUGOを1周1Lでは走れません(汗)。一応、6000rpmまでに抑えると燃費が4km/L前後に改善します。その辺りのデータから導き出された今回のターゲットは、

image

 平均ラップタイム 1'51秒、平均燃費3.4km/L、総周回数90周を目標としました。

 この目標を達成するための走行プランとしては、2本のストレート上のみエンジン回転数に上限を設ける事にしました。ストレートは7000rpm縛り

 また、左フロントタイヤの摩耗が激しいSUGO、左フロントタイヤをいたわる必要があります。アルテさん、ノッテると最終コーナーもノーブレーキで侵入が可能ですが、今回はタイヤ温存のために、最終コーナーはブレーキを使う事に。

 ストレート7000rpm縛り、最終コーナーはブレーキ有り、この二つを紳士協定としてドライバーにはご理解いただきました。もちろん、競り合いの途中等はレブ縛りを無視してでも、前に出た方が安全に走れる事もあります。ので、厳格な画一的ルールというよりは、守ろうね、という紳士協定です。逆にラップタイムに余力のある方は、燃費を優先して 自発的回転数縛りするのは大歓迎という形に。

image

 が、予選にはそんな事関係ありません(爆)。予選を担当させていただいたワタクシ、これでもかとレブリミット限界までブチ回して走ります!。ひゃっはー、全開だぁ!。

image

 ヤリ過ぎました(汗)。  ほら、自己ベスト44.3秒やし、こんな気温だと2秒は落ちるハズと見込んでいたんです(汗)。

image

 でも、今回から投入したおニューの中古ホイール(笑)がイイ仕事してくれちゃったんです。もともと、16x6.5J+48のサイズを使っていました。が、旧ホイールはタイヤに対して細く、また、オフセット的にも電車状態でした(汗)。それに対して新ホイールは16x7J+38と幅も広くオフセットも攻め目。

 タイヤとホイールがより適正サイズになった事で、出っ張り状態のたわみが減り、空気圧も落とす(2.6k->2.4k)ことができました。また、オフセットが片側1cm外に出た事で、ホイールベース・トレッド幅の割合がよりボクシーに。もともと、極端な安定指向でアンダー気味だったアルテさんが、よりニュートラルステアに近い動きをするように。同じタイヤ使っているのに、この上ない酷暑なのに、自己ベストすら更新しそうな感触!。

 しかも、お値段、中古4本送料込み7500円!。いい買い物したわぁ(爆)。1本10kg近い重量級ホイールだけど、可能ならもう1セット欲しいわぁ。

image

 そんなコンナで7番グリッドからのスタート相成りました。

 次回、決勝編に続く。

Posted at 18:20 in SXE10 | Comment () | Edit

Jun 22, 2018

SUGO体感180min耐久エントリー完了!

image
走らない時に限って快晴な気がするまるそうデス。受付完了。

 というわけで、7/2にSUGOで行われる体感180min耐久にアルテさんにて参戦予定なのですが、無事に受付を完了しました!。そんな耐久に向けて、ちょっぴり新兵器をば。

  image

 ホイールです♪。

 というのもうちのアルテさん、うちに来る前に、前オーナーさんがホイール盗難にあって微妙なホイールしかありません。

image

 16x6.5J+48 ホイールA 3本
image

 16x6.5J+48 ホイールB 1本

 いゃ、なんでそんな微妙な盗み方するかなぁ < ホイール泥棒 < いや盗まないでください。

 幸いA/Bともにサイズは同じだったので、1本だけ違うホイールを履いてました。また、A/B共に冬タイヤ用だったのでオフセットも浅く、結構内側に入り込んでました。

 が、今回たまたま安い出物を発見して購入!。

image

 これで4本揃いになるし、幅も広がるし、オフセットも結構攻め目に!。

 が、しかし、16インチで約10kgってのは重たいなぁ(汗)。 今はいてるホイールも軽いものではないとは思うけど・・・。ちょっとタイヤ外してチェックしてみねば。

 そんな7/1に向けてのアルテさんの準備をしつつも、6/27のMR-Sさんの準備も進めております。そんなMR-Sさん、おかげ様で3日連続某サイトのランキング1位になりました。閲覧&イイネありがとうございます♪。今日はMR-Sさんもホイール周りでパーツレビューをUPさせていただきました。よろしければチェックしてくださーい。

Posted at 11:04 in SXE10 | Comment () | Edit

Jun 19, 2018

7/1のSUGO体感耐久にRDMW匠オイルアルテッツァで参戦します!

image
慌てて受付書類を作成しているまるそうデス。CGとか新しいおもちゃとか新しいオモチャとかで予定が立て込んでバタバタです(汗)。

 というわけで、7/1にスポーツランドSUGOで開催される体感180min耐久アルテッツァで参戦を予定しております。ご一緒していただく皆様、よろしくお願います!。

 体感耐久と言えば、車の入れ替えがOKというユニークな耐久イベントになっております。が、RDMWでは敢えて1台を乗り継ぐ形を選択し、より耐久っぽさを増した遊び方をしております。また、同じ車両を複数人で乗り継ぐ事で、自らのドライビングを振り返り、スキルアップの一助になることを目的としております。

 そんな、SUGO体感耐久に挑むメンバーは、

image

 30万kmを軽々超えるSW20をこよなく愛しつつも、2ndカーも距離が結構な数字になりつつあって、V6やV8の誘惑に翻弄される某氏!。アルテさんの走行経験もチーム内ではトップ。問題はアルテのシートに収まるかどうか?!(違っ)。

image

 アルファGTを動態保存する、を言い訳にアルファロメオを増車しちゃった某氏!。セレとマニュアルの二刀流でドッチもイケちゃうテクニシャン。昨年末の体感耐久では一度アルテさんに乗っていただいており、どのような進化を果たしているのか楽しみなトコロ。

image

 三人目のドライバーもアルフィスタの某氏。今回はアルファ祭りか?!。SUGOにたどり着くまでに8時間の独り耐久をこなさねばならぬという、最遠方からの参加者(推定)。くれぐれも道中お気をつけてお越しください(滝汗)。今回がアルテさん初走行。存分にFRをお楽しみ下さい♪。

image

 そして、最後はワタクシことまるそうx2(爆)。いゃね、6/27にサーキットゲームがあったり、当日にエビスで660選手権があったり、当日に新居に引っ越しする人がいたりで、7/1はタイミングが悪くドライバー足りてませんねん(汗)。ので、ワタクシが2人分担当させて頂く予定になっております。

 ソコで見ている貴方!、ドライバーしませんか?(爆)。6/21までは受付間に合いますよ〜。

 と、ともあれ、そんな布陣でSUGO体感180min耐久に参戦予定です!。皆様応援よろしくお願いします!。
Posted at 21:45 in SXE10 | Comment () | Edit

Apr 24, 2018

タツレーシング走行会にアルテさんで参加させていただきました!

image
準備して運んで走って分析してると写真を撮る余力のないまるそうです。プロカメラマンさんの画像が楽しみ♪。

image

 というわけで、昨日SUGOで行われたタツレーシング走行会に耐久用アルテさんで参加させていただきました♪。ご一緒していただいた皆様ありがとうございまーっす♪。

image

 タツレーシングさんとは、写真のポルシェで真夏のツインリンク茂木アイドラーズ12時間耐久で総合優勝を捕るのにご一緒させていただいたり、今年は富士スピードウェイで大沼プランニングさんが開催された新春7時間耐久でラジアルクラス1位&総合でもスリックタイヤ勢をかき分けて4位まで駆け抜けるのに起用していただいたりしております。いつもお世話になっております。

image

 そんなタツレーシングさんの走行会は1時間x2本とたっぷりな走行枠がありつつも、なんとお値段2万円!と超破格値。さらにはプロカメラマンによる臨場感あふれる写真も頂けちゃう。そのうえ、なんとSUGOでは超稀な事に同乗OK!。

image

 ウチのサーキットレンタカーに助手席をつけて 全開アタック同乗恐怖体験 同乗ドライビングレッスンをさせていただいたりもしております。マシンの習熟にはコレが一番効いちゃいます。

image

 今回は7/1のSUGO 体感180min耐久に向けての練習会として参加させていただきました。ドラさんとワタクシで代わる代わる乗って、ロガーを診て分析して、また走るというのを繰り返させていただきました。

image

 しかし、この日はとにかく暑かった!。4月というのに全国のアチコチでは真夏日を記録したとか。この暑さに流石にベストタイムの更新はならずも、マシンへの習熟を進める事はできました♪。また、次回の耐久が7/1と熱い時期ですので、そのシミュレーションにも役立ちました。

 ともあれ、この日のベストラップは、



 全開の耐久では雪で出番が回ってこなかった(涙)ので、今日はいの一番に乗りました(笑)。でも、気温が高いうえにガソリン満タンだからかなり車が重く感じました。

image

 3月の練習走行と比べるとこんな感じ。バックストレートの加速には大差はありませんが、最終コーナーからの加速には気温差が出ている感じです。やっぱり上り坂は負荷が大きくなるからEg出力の差が出やすいのかなぁ。

 また、馬の背のクリッピングポイントを奥に振って、旋回半径の拡大を狙ったのですが、ブレーキングポイントの詰めがいまいちで、旋回開始点の調整でロスってます。さらに、立ち上がりでアクセルを戻さずに抜けられているのはいいのですが、アクセルONの位置が奥に行き過ぎてしまっているのは問題。向きが変わっていない→旋回序盤の方向変化が足らない→旋回姿勢を作るためにはブレーキングにもうちょっと余裕が必要かもしれません。馬の背にはまだちょっと掘り起こせるモノがありそうです。

 そんな、掘り起こしが楽しいアルテさん、次回は7/1の体感耐久180min特別戦への参加を目論んでおります。ご一緒していただけるドライバーさん、お手伝いしていただけるサポート員さんを絶賛募集中です。ちょっと気になるなー、という方はお気軽にお問い合わせください

 ともあれ、晴天のも楽しいくタツレーシング走行会に参加させていただきました♪。ご一緒していただいた皆様、ありがとうございまーっす♪。ちなみに、タツレーシング走行会の次回開催予定は6/10(日)です。走ってみたいという方はワタクシまで!。

Posted at 09:00 in SXE10 | Comment () | Edit

Apr 07, 2018

実車のアルテさんチャレンジの予習に! ロガーデータと分析ツールの使い方講座UP!

image
走った後も楽しめるのがロガーのいいトコロだと思うまるそうデス♪。中古良品あるよ〜。

 というわけで、レンタルサーキット走行車両のアルテさんのページのラップタイムランキングからロガーデータをダウンロードできるようになりました♪。各アタッカーのベストラップを含む3周程度のデータを切り出しております。

image

 ちなみに、ロギングに使っているのはRacelogicさんのPerfomanceBOX。これにマイクロインプットモジュールを組み合わせる事によって、GPSだけではなく、アクセル開度とブレーキスイッチにエンジン回転数のログも取れています♪。

 GPSデータはあくまで「結果」です。その結果がなぜ起きたのかを分析するには操作系のログがすごく有効となります。アンダーが起きた原因が、突っ込みの車速のせいなのか、アクセルONが早かったからなのか、ブレーキの残しが足らなかったのか、ログからすっきり判断が可能です♪。

 が、操作方法や分析には少し慣れが必要ですので、How toビデオを少し作ってみました。



 ロガーが気になるけど使い方がわからない!、という方の参考になれば。アルテさんのランキングに複数のデータが上がっておりますので、比較検討してみると面白いと思います。

 GPSデータロガーは昨今多数の種類が出ております。Racelogicのドリフトボックス/パフォーマンスボックス、AIMのSOLO、RacepackのIQ3、Motec等などがあり、分析ツールも多数あります。が、分析してみるべきところはどのソフトも同じですので、参考にしていただければ幸いです♪。

 RDMWではパフォーマンスボックス・ドリフトボックス、SOLO/SOLO DLを主に取り扱っております。新品のお取り寄せのほかに、中古良品も在庫ありますので、お気軽にお問い合わせください♪。

Posted at 21:57 in SXE10 | Comment () | Edit

Apr 03, 2018

実車アルテさんのタイムランキング開始! 4/22の挑戦者モトム!

image
耐久中は「縛り」があるのでこの数値だけではアレとは思うまるそうデス。挑戦者モトム。

 というわけで、先日ご紹介したRDMWのレンタルサーキット走行車両についてですが、アルテさんの詳細ページを作成しました♪。

 アルテさんの仕様や戦歴に加えて、これまでアルテさんに乗っていただいた方のラップタイムランキングも作成!。手前みそで恐縮ですがランキングトップはワタクシとなっております。

 そんな実車版SUGOアルテチャレンジへの参戦企画を4/22(日)開催調整中ですが参加希望の方みえませんか?。参加費用は6万円÷人数+2000円+ガソリン代。SUGO走行料金も含まれます。走行時間は60分x2回を人数でシェアしていただく形になります。

 参加者が2人なら、一人アタリ32000円の走行時間が約30分x2。

 参加者が3人なら、一人アタリ22000円の走行時間が約20分x2。

 この日のポイントは同乗可能という事でしょうか。ご希望とあらば、アルテさんをワタクシが運転して、その助手席に同乗していただく事も可能です!(ご自身の走行時間を使っての実施になりますが)。

 助手席体験、車両の習熟にはすごく効きますよー。全開走行中の助手席に乗るのはすごく怖いですが(汗)。

 もちろんGPS+アクセル・ブレーキペダルのロギング、オンボード動画の撮影も行います♪。

 現在の参加希望は1名様です。でも、最小開催人数が2名様からなので、もう一方チャレンジャーが現れないと開催できません(汗)。モトム、アルテチャレンジ挑戦者!。気になる方はお気軽に「4/22のアルテチャレンジについて」とお問い合わせください。

 耐久参戦者のリベンジはもちろん、アルテさんに乗った事がない方も歓迎です♪。ただし、アルテさん走行経験がない方は事前にシミュレーターでの練習を必須としますのでご注意ください!。

Posted at 18:45 in SXE10 | Comment () | Edit

Mar 23, 2018

SUGO体感180min耐久2018第1戦にアルテさんで参戦してきました!

image
よもやの幕切れてびっくりだったまるそうデス。無事に完走できて何よりです。

 というわけで、昨日SUGOで行われた体感180min耐久にアルテッツァさんにて参戦してまいりました!。ご一緒していただいた皆様ありがとうございまーっす♪。

 SUGO体感180minと言えば、車両の入れ替えがOK!というのが特徴の耐久レースになっております。3時間の長丁場ですが車の入れ替えが可能なので、比較的ライトに楽しめるイベントかと。

image

 が、せっかく耐久なんだから耐久っぽいことをしよう!、とRDMWでは敢えての1台体制での参戦をしております。ガツガツに勝ちを狙いに行くというよりは、ドライビングの見直しや耐久レースの空気を体験することを主眼に置いての参戦です。

 車はアルテさんことトヨタ アルテッツァ SXE10 6MTです。アルテさんはFRではありますが、またほどほどの馬力とほどほどの重量でほどほどのディメンジョンを持ち、怖いほど速くなく退屈なほど遅くありません。みんなでワイワイとドラテクの練習をするには悪くない素材かと思います。

image

 そんな趣旨にご賛同いただいて、今回参加して頂くのはこちらの5人(息子は応援です;笑)。

 ファーストドライバーを務めていただくのは、サーキットゲームに「午後から現れる」常連の某氏!。メインの愛車はFFですが、FRでのレース経験もあり。またカート経験も豊富なあの方。

 2ndドライバーはアルテ耐久も3戦目な某氏。チーム内ではアルテさんに最も乗りこんでいるせいか、なんかちょっとアルテッツァが欲しくなっているとか。今回は愛機の35万km越えMR車でSUGOまでお越しいただきました♪。

 3rdドライバーはチーム内最年少の某氏!。アルテさんは今回が2戦目ですが、ブランクが1年ほど空いたのが不安要素ですが、普段の交通網のストレスをここで発散できるのか?。

 4thドライバーは、うちのG体感型シミュレーター 趣味レーターのタイムアタックランキングでも上位常連な某氏!。事前に実車での練習ができませんでしたが、趣味レーターの腕前を実車でも発揮できるのかが見どころです!。

 そして、最後はワタクシが担当させていただく事に。

image

 が、まずはミーティング。耐久ではいろんな役割 ― ドライバー、乗り降りサポート、記録、時間管理、通信、給油、消火器等など ― がありますが、耐久体感を目的としているので、役割を徐々に交代していっておおむねすべて作業を順に担当していただきます。その担当順と各種作業の内容を確認します。

image

 お次は練習!。車は止めたままドライバー交代作業をシミュレート。乗ったり降りたり、ベルト締めたり緩めたり等をチェックです。

image

 遊んでませんヨ(笑)。給油作業の練習です。本番はヘルメットも被ります。

image

 一回り済んだところで、練習走行に。今回の練習走行は70分。ドライバーは5人いるけど、予選アタック担当の1stドライバーさんは予選時間を練習時間に割り当てていただく事にして、4人で70分を等分。一人17分程度の走行時間で練習します。もちろん、ドライバーチェンジ・給油作業も本番と同様に。

image

 練習走行中のベストタイムは趣味レーターランキングトップの某氏!。アルテさんは今日が初走行だったので、ワタクシの分の練習時間も使っていただいて車になじんでいただきました。が、わずかな練習時間の中で素早くアルテさんのキャラクターをつかんでながらに46秒台前半まで詰めてくれました!。さすが〜。

image

 練習走行が終わると次は予選!。体感耐久では1stドライバーが予選を担当する縛りがあるので、予選に向かう某氏をお見送りします!。

 予選担当の某氏は先週のハウマッチで練習走行をしていただいたのですが、その際のベストタイムは46秒台終盤。練習会では走行台数が少なくクリアラップが取り放題でしたが、今日はエントリー少な目とはいえ全チームがアタックをかけるためややコンディション的には難しくなります。

image

 が、なんと自己ベストも更新して46秒台前半に!。この男、本番に強い!。見事なアタックラップを決めてくれました♪。

 戻ってきた某氏を囲みワイワイしつつも、実は結構時間がないので慌てて給油作業に入ります。

image

 ・・・なんでドヤ顔やねん、うちの子(爆)。

 給油は10Lづつ入れてはメーターの針の位置を確認します。これでレース中に大まかに何L残っているかの再確認ができる、と思ったのですが、かなりノンリニアに針が動く事が判明(汗)。こりゃ、あんまり当てにできなさそうだ・・・。

image

 給油作業を終えて、SUGOさん振る舞いのミネストローネをすすったところでコースIN時間に。ピットロードはバック禁止なので、みんなで押してピット前まで車を出してコースIN。

image

 ここから長丁場なレースが始まります。

image

 今回はスマホを車内に固定。無線代わりに使うとともに、車内の映像も転送。ピットからも車両側の状況が確認できるようにセットアップをしました。どこで何が起きているか確認ができるのが便利です♪。

 が、思わぬ事態が(汗)。

 開始早々、うちのチームにペナルティーが出てます。なんで?!、と思ったらジャンプスタートとの事。んなハズ無い!と思いつつも指示が出たなら従うしかありません。ドライブスルーペナルティーを消化します。



 確認してみると、フォーメーションラップ序盤にスローダウンした前方車両を追い抜いています。その後、その車両が復帰を待ったのですが順番が変わる事なく、グリッド順とスタート順に相違が出てしまった事が原因のようでした。これは確かに判断の難しいトコロ・・・。

 そんなトラブルがあったものの、挽回するべくアタックを続ける某氏。予選で出した自己ベストをさらに上回るタイムで周回を重ね、スティントを走り切りました。

image

 そして2番手ドライバーにチェンジ!。初回ピット作業では給油をしないので、ドライバー交代だけを行います。左右からサポート要員も加わって、ぎゅっと!。

 2ndドライバーも某氏も安定した走りで周回を続けます。耐久と言えば途中にセーフティーカ―が入ることもよくあるのですが、今回は総エントリー数が18チームとやや少なかった事もあって、終始順調にレースが展開しました。

 180分のレース時間を5人で分担するので、一人当たりの走行時間は36分。今回は基本的には時間で区切っての走行区分としました。その2人目の持ち時間を走りきったところで再びピットイン。

image

 2度目のピットインは給油もあります。給油作業中は車に対するあらゆる作業が禁止されますので、せめてタイヤの状態をチェック!。

image

 給油後には3rdドライバーの某氏に乗り込んでいただいて、サポート要員がベルトを締め付け、発進です!。

 が、しかし、順調なレース展開もここまで。3人目が走り出すと、徐々に雨脚が強まってきます。っていうか、コレ、雨じゃなくて、雪じゃね?(滝汗)。

 ドライバーからの無線もグリップ低下の報告があがります。そして、S字脱出ではよもやのドリフト状態に!。が、ドライバーさんの見事なリカバリーでハーフスピン手前できちんと復帰!。あー、こりゃヤヴァイと思っていると、

 赤旗が提示されました。

 走行時間にして1時間40分少々、悪天候に伴ってレースはここで終了に。

image

 もう3月も終盤だというのに、前日は20度近くまで気温が上がったというのに、よもやのピンポイントでの降雪。ぱらりとちらつくぐらいかなー、という予想を裏切って、

image

 グリーンがホワイトになるぐらいには降ってしまいました。途中中断は残念でしたが、確かにこのまま続けていたら重大事故を招きかねない状況でした。正しい判断かと。

 というわけで、最終的なリザルトは、予選12番手、決勝12番手となりました。順位的には振るわなかったですが、無事に完走できたのはチームの皆様、応援に来ていただいた皆様のおかげです。本当にありがとうございました!。

 惜しむらくは、せっかくエントリーしていただいた某氏にバトンが回る前にレースが中止となってしまった事でしょうか。秘密のままの秘密兵器に・・・。

 ともあれ、ご一緒していただいた皆様、ありがとうございました。また次回も参戦予定ですので、ぜひよろしくお付き合いお願いいたします。



 ・・・、アレ、練習枠は譲って決勝枠は最終ドライバーだったワタクシ、もしかして1周も乗ってないジャネ?(遠い目)。まぁ、じゃんけん大会で息子がラ・フェラーリのRCをもらってきたからイイことにします(笑)。

Posted at 15:21 in SXE10 | Comment () | Edit

Mar 14, 2018

アルテさんver.2018年 シェイクダウン! SUGOハウマッチ

image
快晴の下走れて気持ちよかったまるそうデス。今日はクリア取りまくりでしたね〜。

 というわけで、本日行われたSUGOハウマッチ走行会に3/21の体感耐久に参戦予定のアルテッツァさんにて参加してまいりました♪。ご一緒していただいた皆様、ありがとうございまーっす♪。

 1週間ちょっと前にはまだまだ氷点下が見えた気温ですが、今日は写真の通りの快晴!。風は少しあったものの、汗ばむほどの陽気の元、SUGOを満喫してきました♪。

 時期柄か、平日だったからか、参加者は合計でも20人ちょっとと劇少!。時間にとらわれずコースIN、ピットINが自由なハウマッチ走行会なだけあって、コース上はガラガラでした〜。

image

 去年からセットアップを変更したアルテさんも、ほどほどいい方向にまとまった感じでした♪。もうちょっと詰めていいような気もするなー。

 午後からは3/21に耐久をご一緒する方々にアルテさんを練習していただきました♪。去年乗った方も、今年初めて乗っていただく方もかなりいいペースで走行が進み、来週の耐久がさらに楽しみに♪。

image

 さらに今回は、サーキットに設置されている定点カメラの映像を録画しようと、トリプルチューナー内蔵のHDDレコーダーを用意してみました。これで、カメラ3台分の映像は録画できるぞぉー、と接続してみたら、

 SUGOはコース映像が1chしか流していない、というアリサマ。せっかくトリプルチューナー買ったのに意味ないじゃーん(涙)。そっか、FSWとかモテギとかのイメージでいたワタクシが悪かったのか(遠い目)。

 ちなみに、我が家にはTVアンテナが設置されておりません。TV見ない人なので、ワタクシ。・・・、このトリプルチューナー付きHDDレコーダー、何に使えば・・・(遠い目)。いゃ、きっとイベント時にはもっと多チャンネルで配信してくれるに違いない!。

 そんな悲喜こもごもな今年の初SUGO走行でした!。来週は体感耐久180minにこのアルテさんにて参戦予定です。応援よろしくお願いします!。

Posted at 23:25 in SXE10 | Comment () | Edit

Feb 21, 2018

実車のアルテさん練習会 in SUGO at 3/14(水) ハウマッチ走行会

image
今年の初SUGOは3/14に決まりのまるそうデス。と言いつつ4Cも狙ってます。

 というわけで、実車の方のSUGO体感耐久第一戦3/14に参戦予定でドラバー募集中のアルテさんですが、練習走行を 3/14(水)に行われるハウマッチ走行会で行う事にしました♪。

 アルテさんでの体感耐久参戦予定・ご検討中のドライバーさんに乗っていただく予定ではあります。が、幸い走行時間が長いですので他にも希望の方がみえましたらお乗りいただけます。うちのアルテがさん気になるご一緒如何でしょうか?。

 日時 3/14(水)
 場所 スポーツランドSUGO本コース
 費用 15000円+走行料金+使ったガソリン代
 資格 要事前申し込み(ワタクシまで

 複数人で入れ替わりの走行になります。

 GPS+アクセル開度+ブレーキのON/OFFを記録するデータロガーを装着して走行します。ご希望の方にはログデータはお渡しできますので、自身のドライビングを見直す機会にもご活用いただけます。その場で軽くデータ分析とコーチングも可能です!。

 ご希望の方がみえましたらお気軽にワタクシまでご連絡アレ♪。

image

 いきなり実車は怖い!という方は事前に、G体感型レーシングシミュレーター「趣味レーター」によるタイムアタックランキングVRアルテさん in SUGOにて練習していただくとよりスムーズに実車に臨めると思います♪。この趣味レーターで上位ランカーになれば実車での体感耐久参戦費用が減免されるというオマケも付いております♪。

 ともあれ、3/14が今年の初SUGOになりそうです。ご一緒していただく皆様よろしくお願いします!。

Posted at 21:14 in SXE10 | Comment () | Edit

Feb 04, 2018

SUGO体感耐久+αにアルテッツァでご一緒しませんか? ドライバー募集中!

image
ドライビングスキルの見直しと耐久の体験をご一緒したいまるそうデス。今年はちょっと速さも狙う?。

 というわけで、2018年分のSUGO走行会スケジュールも徐々に情報が集まりつつあります。今年もサーキット走行をご一緒していただくかと思いますがよろしくお願いします。

 そんな2018年の開幕イベント?となるのが、3/21に行われるSUGO 体感180min耐久。この体感耐久にはRDMWでもSXE10アルテッツァさんで参加させて頂いております。

 そのアルテさんのドライバーさんを現在募集しております♪。一緒に耐久レースを戦いませんか?

 ドライビングの見直しをしたいと感じているソコのあなた。同一車両を複数人で乗り換える耐久は、自らのドライビングの見直しにピッタリです。車も特殊な制御のないFRなので、ドライビングが車の挙動に素直に現れます。

 耐久レースに挑戦してみたい、という方にもお勧めです。車両の準備から当日のマネージメントまでチームスタッフがサポートしますので、初めての耐久でも安心してご参加いただけます。

 アタックマシンを手放してしまったけどまた走りたいなぁー、というカムバックな方にもお勧めです。アルテさんをメンバーでシェアするので、ご自身はサーキット走行用の車両を用意する必要がありません。メット・グローブ・長そで長ズボンをSUGOまでお持ちいただければ、その場でレーサー!。

 費用は1戦あたり御一人様4万5000円。別日に練習走行をする場合の練習費用は別途となります。

 自身のドライビングを見直し、耐久を体験し、みんなでワイワイ楽しむ、というのが主な目的になります。勝ちを狙いすぎてギスギスなチームになる事は望みませんが、もちろん真剣に一周でも多く走れるように耐久に挑みます。

 ちょっと興味があるなー、という方はお気軽にお問い合わせください♪。

 ちなみに、2018年にアルテさんで参戦予定なのは、下記の4戦になります

3/21(水祝) SUGO体感耐久 第1戦
7/1(日) SUGO体感耐久 特別戦
9/9(日) SUGO 大沼Pさん4時間体感耐久>
12/2(日) SUGO体感耐久第3戦

 年間でもスポットでも参加は大歓迎です♪。是非ご検討ください。

image

 また、上記のアルテさんでの参戦費用ですが、現在開催中のG体感型シミュレーター 趣味レーターによるタイムアタックランキング VRアルテさん in SUGOの上位ランカーには減免が受けられます。コースクローズド中の練習として趣味レーターも是非ご活用ください♪。

Posted at 10:36 in SXE10 | Comment () | Edit

Dec 10, 2017

SUGO体感180MIN耐久にアルテさんで参戦しましたの、費用編

image

抑えてもやっぱり結構かかっちゃうのが悩ましいまるそうデス。4万前後。

 というわけで、無事にSUGO体感180min耐久を走り切ったアルテさんですが、費用のご報告です。

耐久参加費用詳細単価個数単x数利用回数1走行あたり
車両レンタル費運搬含む30000130000130000
エントリー代基本料47800147800147800
施設利用料3100515500115500
Egオイル匠オイル EX 10W601750712250112250
フィルター80018001800
MT/Defオイル匠オイル MG 85W14017003510015100
タイヤR-S4 205/55R1610380441560141560
フルードELF DOT428001280012800
FパッドWinmax AP320000120000120000
FローターDIXCEL PD1800011800036000
RパッドWinmax AP320000120000120000
RローターDIXCEL PD1400011400034667
レンタルガレージ各種交換等の作業4800419200119200
合計225677
一人あたり45135


 表中の「利用回数」はそのアイテムが何回耐久レースに耐えられるかの数値です。また、「1走行あたり」は費用を「利用回数」で割ったものになります。例えば、Fローターは3レース使うので、18000円のローターなら1レースあたりの6000円分を負担する、という計算です。

 *今回はスポンサード等もあって、ドライバーの負担額は一人当たり39000円に。ご協力いただいたスポンサーの皆さま、ありがとうございます。また、スポンサー獲得に動いてくださったドライバーさんありがとうございまーっす。

 上記費用の他に利用ガソリン(今回は115Lでした)をドライバーで頭割り、一人当たり23Lの負担となりました。ハイオクが150円/Lぐらいなので、3450円

 今回は走行後のチェックで特に問題がありませんでしたので、追加費用は特に無しです。

 ちなみに、万が一車両を破損した場合は、乗っていても乗っていなくても、当てても当てられても、壊れても壊しても、理由を問わずドライバーさんの頭割りで負担と事前に取り決めました。ただし、修理代の上限は30万(一人6万)までで、それ以上かかる時は車を廃車という事もお約束になっております。

 そんなわけで、ざっくり5万円が1戦あたりの参加費用となります。また来年もアルテさんでの耐久参戦は検討しておりますので、参加してみたいなー、という方はお気軽にお問い合わせください♪。

 ちなみに、G体感型シミュレーター 趣味レーターによる、現在開催中のタイムアタックランキング実車レース付?!SUGO アルテッツァ オーディションの、上位入賞者には2018年のアルテッツァによる体感耐久参戦費用が最大半額!になる賞典があります!。参戦ご検討の方は練習も含めて是非ご活用ください!。

 また、アルテさんの他に、セットアップが決まってきたMR-Sさん、初心者さんの練習用にVits RSもご用意可能です。オイル量やタイヤサイスが小さいのでアルテさんよりもお値打ちに参戦できるようになるかと思いますのでお楽しみに♪。

 1台車両による耐久レースへの参戦は、同じ車両での運転を比較できますので、ドライビングの見直しには凄く有効です。自身の運転技術を見つめなおし、一つ上のステップアップを目指すのに是非ご活用ください♪。

   また、耐久以外にも車両に貸し出しを行っております。サーキット走行をしてみたいけどどうしていいか判らない、以前走っていたけどアタックマシンは手放してしまった、そんな方にもサポートさせて頂きますのでお気軽にお問合せ下さい。

Posted at 10:05 in SXE10 | Comment () | Edit

Dec 08, 2017

SUGO体感180min耐久にアルテさんで参戦しましたの、後日談

image
走った後のアレが大事だと思うまるそうデス。人も車も。

 というわけで、12/3にSUGOで行われた体感180min耐久最終戦に参加してきたアルテさんをガレージに戻して走行後チェックをしました。さすがに3時間連続走行をした後なので、アチコチ点検が必要です。

image

 まずはタイヤ。SUGOではなんと言っても左フロントの負担が大きいのですが、

image

 予想外に綺麗でした。今回アルテさんにはハンコックのR-S4 205/55R16の新品を投入。フリー19周、予選6周、決勝83周を走り切って、この残量。流石にアウト側ショルダーは結構キテますが、左右裏組すればもう3時間ぐらいは走れちゃいそう♪。

image

 ホイールも割れ等のチェックも含めて洗います。この時期の水は冷たい〜。

image

 お次は外装チェック。どうしても近距離戦が増えると飛び石等をもらう事もあるのですが、今回はガラス等も大丈夫でした♪。

image

 フリー走行終盤にお友達の方と軽く接触があったのですが、その影響もほぼ無さそうです。ちなみに、当日、接触があったと聞いてドラさんと一緒に相手さんにお詫びに向かったら、ちょうど先方もこちらに来てくださっていました。ご迷惑をおかけしてすみません〜。

image image

 パッドも外して状態と残量をチェック。ブレーキが良く効くアルテさんはリアも結構減ります。

image

 今年春に新品を入れて耐久を3戦使ったローター。さすがにそろそろリミットでしょうか。

image

 ハブのガタ等もチェックしたら、今度は腹回りへ。各ボルトを締め増ししつつ、油脂類の漏れ等が無いかをチェック。

image

 ジョイントのガタやブーツの状態もチェック。

image

 サスペンション周りも力のかかる所なので締め増ししつつ点検します。

image

 今回は大きなダメージも無く無事に走り切れたようです♪。

image

 そして、車のチェックが終わったら今度は走りのチェックを。ロガーからデータを吸い上げます。

 敢えて1台で耐久に参戦しているのは、このためと言っても過言ではないでしょう。同じ車をドライブする事で、それぞれの運転スタイルを見直す事ができます。それぞれの運転スタイルのイイトコロを吸収して、より良い走りの組み立てを模索しましょう〜。

 ちなみに、アルテさんにはパフォーマンスボックスとマイクロインプットモジュールを接続して、GPSログの他にエンジンの回転数、アクセル開度、ブレーキON/OFFも記録されております。ので、「2本のストレートは6000rpm縛りね!」という紳士協定が守られているか否かもチェックです。

 まぁ、一番守ってないのはワタクシなんですけど(爆)。

 GPSログは運転の結果としての、車両速度や位置を知る事ができます。が、それが何故そうなったのか、という操作系のログを取る事はできません。車両適合があるならSOLO DLが良いのですが、こちらはあんまり適合車種が多くありません。その点、ドリボ・パフォボのマイクロインプットモジュールならアナログデータをログイングできるので、ちょい古い車種でも色々使えるのがイイトコロです♪。

 ともあれ、こうして耐久の走行後チェックを楽しんだのでした♪。

 さらにもうちょっとだけ耐久ネタが続きます。

Posted at 04:58 in SXE10 | Comment () | Edit

Dec 07, 2017

SUGO体感180MIN耐久 2017最終戦にアルテさんで参戦して参りました♪ その2

image
トラブルもありつつも走り切れてほっとしているまるそうデス。チーム戦も楽しいですね♪。

 というわけで、SUGO体感280min耐久に参戦したアルテさんが無事に予選を走り切り、ここから180分の耐久レースに挑みます。

image

 180分の走行時間を5人のメンバーで割りますので、一人当たりの持ち時間は36分。この時間はDr交代やガソリン給油を含みます。

image

 また、アルテさんの全開燃費は3km/L(汗)。コレだとかなり厳しいので、2本のストレートでは6000rpmで縛って走るという紳士協定を結んで、燃費の改善も図ります。これだけで1割ぐらいは燃費が改善するハズ。こんな燃費走行も耐久ならではでしょうか。

image

 燃費が3.3km/Lになると、SUGOを走るのに必要なのは1周1.1L。180分で90周走れるとするならば必要なのは約100L。アルテさんのタンクが60Lだから、給油回数は2回を想定していました。

 ただ、これらの計算はレース状況次第となります。S/Cの介入頻度等によって残燃料を計算しつつ調整する事に。

image

 耐久中の花形はもちろんドライバーですが、それ以外にもお仕事が色々あります。通常のレースでは各役割は先任にして作業を担当して頂くのですが、今回は全員に各役割を体感してもらう事に。そのため、ローテーション表を作って管理します。

 ドライバーさんはもちろん運転していますが、pitに帰った後もお仕事終了ではありません。到着後に次のドライバーさんに伝達をしたら、給油中に左のタイヤを確認(作業はしちゃダメです)、そして次のドライバーさんの乗り込みを助手席側からサポートします。

 次のドライバーさんは、トラブルがある等でいつ車両が戻ってくるかわからないので、前のドライバーさんが走っている時は常時待機です。車がpitに帰ってきたらドライバーさんの降車を運転席側からサポート。給油中は右タイヤを確認し(作業は×)、乗り込んで出発。

image

 記録係は毎周のラップタイムと走行状況をPCに記録します。また、総低燃費を入力する事で残燃料の計算をし、給油タイミングを割り出します。給油時はガソリンタンクを保持し、ドライバー乗り込み時は運転席側からサポートを行います。

 給油係はガソリン担当です。給油用の携行缶を準備したり、実際に給油作業を行います。給油後はガソリン缶の撤去を行います。

 消火器係は給油中に万が一の引火に備えて、消火器を構えます。また、車両出発の合図をするのもこの人。

 という具合に、走行前も走行中も走行後もお仕事が満載です。ただ、今回は給油が2回の想定でしたので、ガソリン係・消火器係が空いてしまう事も。その分エアチェックや各種サポートに回って頂きました。

 ともあれ、タイムアタックを決めてくれた1stドライバーがグリッドからローリングスタートを決めます。車両が最も近いスタート時がアクシンデントが起こる確率が最も高いのですが、悪魔の30秒を無事に乗り越えてくれました。

 スタートさえ過ぎれば、序盤は先行する車は前に行っちゃうし、後ろの車とはマージンが付いていく一方です。ある意味最も走りやすいコース状況と言えるでしょうか。ただし、燃料は満タンなので、腹にアンコを抱えたたいやきくんのように身体は重たい。そんな調整が難しい中も、ベテラン1stドライバーさんは安定的に走行を続けてくれました♪。

 スタート28位から順調に順位をあげ20位になったところで、1stドライバーさんの持ち時間が概ね終了。ピットに戻ってドライバー交代を行います。1stピットでは給油は無し。ドライバー交代だけでサクッとピットアウトを目指します。

image

 1stドライバーからバトンを受け継ぐのは、500psマシンからだいぶブランクのある2ndドライバーさん。耐久なのであくまでバトンをつなぐ事が大事。アタックしたい気持ちを押さえて、無理の無いドライビングで周回を重ねます。

image

 が、2ndドライバーのスティント後半にトラブル発生。無線代わりにマウントしていたスマホからの応答が途絶えます。通信用のスマホはBピラーにスマホホルダーをボルト留めし、その上からタイラップで固定しているので落ちる事は無いハズ。ということは、SIMピョンか?!。

image

 固定されているのはワタクシのTORQUE G01。このスマホ、タフネススマホなのにSIMカードスロットがバカになりやすいそうで、SIMカードが飛び出してくる持病があります。バラしてSIMカードスロットに加工して対策は取っているのですが、それでもダメだったか?!。

 仕方がないので、サインボードでドライバーさんとコミニュケーション。固法周回数を提示してピットタイミングを知らせます。サインボード活用させて頂きました! > 某氏 < ありがとぉ〜。

 2回目のピットINは給油を行います。Egを切って、ドライバーが降りて、ドアが閉まったら、即給油を開始!。20Lをアルテさんにブチ込んだら、3rdドライバーが乗り込みます。

 よっし、程々の作業時間でコースに復帰できた!。と思ったらコースIN1週目でフルコースコーションが。S/Cカーの先導走行が始まります。嗚呼、なんてタイミング悪い〜。

 しかも、S/Cカーがちょうどうちの車の直前に介入。コレ、一番、損するパターンじゃね?(汗)。コントロールできる部分ではありませんが、ちょっと悔しい!。

image

 が、その鬱憤はS/C解除後の3rdドライバーさんの奮起で吹き飛ばします。さすがアルチャレで揉まれた猛者の3rdドライバーさん、混戦具合の中でも徐々にペースアップ!。今日のアルテさんの暫定ベストタイムをたたき出しつつ周回を重ねます。

 そして、次なるドライバー今回のエース!。チーム内最若手の担当です。

image

 よーし、ここまでドライバーの順番が回ればワタクシの仕事は95%程終わったも同然(笑)。と、エースを見送ると、再びアウトラップ1周でS/Cカーが介入(涙)。嗚呼、なんともタイミングが悪い。

 というのも、S/Cカー介入中は全ポストで黄旗が振られるフルコースコーションになります。その間はもちろん追い越しはできませんし、コース上の全車が隊列を組んで低速走行を行います。今回なら、1周2分を軽々切るコースを4分超で周回してます(汗)。このゆっくり走るS/C中にピットINして作業をすると、全開走行中にピットINするよりも、走行車両と差が付きづらいと言えます。ただ、S/C中のピットエンドの信号は、隊列通過後数十秒しか青信号にならないので、タイミング次第ではメリットが無い事もありますが・・・。

 今回の耐久ではうちのチームはピットアウト直後にS/C介入があり、お得とは言えない状況でした。が、さすがはエース!。S/C解除に一気にレーシングスピードに持っていくと、自己ベストすら更新する素晴らしい走りを披露してくれます。熱い!。

image

 そして、遂にワタクシへとドライバー順が回ってきます。ピットレーン走行中に残ガソリンと残り時間を計算。チームメイトの皆さんが紳士協定を守って節約してくれたおかげで残り時間は全開で行ってもガソリンはなんとか持ちそうです。

image

 ありがとうチームメイトの皆さま。そして、ごめんなさい、ワタクシだけ常時全開で行きます!。

 どうも紳士になり切れないまるそうデス(遠い目)。

 持ち時間の初めから最後の1周前まで、まさしく「ガンガン行こうぜ」状態。この後にバトンをつなぐ相手もいないので、ガソリンもタイヤも全部使い切るつもりでアタックをかけます。

 なぜ1周前までか、というと、最後の1分になったところで再びフルコースコーション。S/Cが介入したままチェッカーを受けたからでした。

 最終的なリザルトとしては、

 予選 総合37チーム中28位、クラス4台中4位
 決勝 総合37チーム中25位、クラス4台中3位

 というのものになりました。あー、今回は表彰台とは無縁だねー、と思いながら表彰式に行くと、

image

 1台車両チーム中5位!。という形でトロフィーを頂く事ができました♪。

 ドライバーのスキルアップと耐久体験が主な目的のアルテさんでの参戦でしたが、思わぬトロフィーゲットにチーム全員が沸いた表彰式となりました♪。

 ともあれ、無事に走り切れたのも応援して頂いた皆様のおかげです。ありがとうございました!。同じチーム一丸となって走ってくれたドライバーの皆さま、お手伝い&応援に来てくださった方々、また同じイベントを一緒に走ってくださった他チームの皆さま、こんな楽しいイベントを運営して下さったSUGOの皆様、本当にありがとうございます。

image

 こうして私たちのアルテッツァでの180min耐久レースは幕を下ろしたのでした。

 が、もうちょとだけ続きます。

Posted at 07:23 in SXE10 | Comment () | Edit

Dec 05, 2017

SUGO体感180min耐久 2017最終戦にアルテさんで参戦して参りました♪

image

無事にチェッカー受けられてほっとしているまるそうデス。紳士協定違反してごめんなさい(汗)。

 というわけで、12/3にSUGOで行われました体感180min耐久にうちのアルテさんで参戦して参りました♪。ご一緒していただいた皆様、ありがとうございまーっす!。

 体感180min耐久はSUGOさん主催のイベントで、車の入れ替えOKというのが独特な耐久レースです。慣れ親しんだマイカーでの参戦が容易なイベントというので、人気を博しております。が、逆に車の入れ替えOKなため、全開走行をしては車を入れ替えるのが早いという、いわゆる耐久的な要素はカナリ薄いとも言えます。

 が、別段、車を入れ替えなければならない、というルールもありませんので、RDMWでは敢えて1台を複数のドライバーが乗り継ぐ形で参戦させて頂ております。

image

 今回の参戦車両は SXE10型トヨタ アルテッツァ。2L NAの3S-GEを積み、6速マニュアルミッションで操るFRスポーツセダン(笑)です。EG/MT/ECUはノーマル、デフはLSDとファイナルギアはハイギアードに。タイヤはハンコックのR-S4 205/55R16。ブレーキはパッドをWinmax AP3に。内装をは運転席以外を外して軽量化。外装はFRPボンネットとリアにウィングをつけたぐらいのライトチューン車両です。あ、エアコンパワステは取り外してます。

 1350kg程度の車重を200ps程度のエンジンで走らせるFR車。昨今の車だと86BRZとオーバーラップします。が、重量が100kgぐらいアルテさんの方が重たく、さらに重心の高さがちょっと悩ましいトコロ。

image

 事前にテストでSUGOを走らせた時は、ワタクシの運転で1'44.998。四捨五入緒してはイケナイ(笑)ぎーりぎり45秒を切れるぐらいのパフォーマンスでした。でも、この時使ったのは3月の体感で使った残りのフェデラルRS-R 215/45R17。タイヤ幅がソレより狭く分厚くコンパウンドも異なるのでどうなる事やら。

 そんなアルテさんを操るドライバーは5名!。

image

 右端の体格の良い方がファーストドライバー!。FRFFMRを乗りこなすゼネラリストにしてアスリート。スポーツの根幹は練習にこそあり!。研鑽を絶やさぬ頼れる男がタイムアタックから第一枠を担当してくれます。

 その後を引き受けるセカンドドライバーは左下のお方。マスクを掛けたらどうみてもヤ〇キーになってしまった(汗)けど実は心優しい一家の大黒柱。かつて500psを超えるハイパワーマシンを操っていた頃から何年かぶりにサーキットにカムバック!。過酷なお仕事状況の隙間を付いて参戦!。

 レースも折り返し地点となるサードドライバーは右下のお方。接触多発の東北アルファロメオチャレンジを戦い抜いた男が、参加者多数で混戦具合の耐久レースを駆け抜けます。FFセレスピードマイスターが操るFR MTマシンがどんな動きを見せるのか?。

 若さはなにものにも代えがたい資産。おっさん(失礼)x3が早めにダウンしてもいいように4thドライバーを担当してもらったのは左上のチーム内最年少!。が、若い柔軟性でアルテさんもかなりのハイペースで乗りこなす。今回のエースドライバーは君だ!。

 そしてオオトリを担当させて頂くのワタクシ。この5人でチェッカー目指して頑張りました♪。

image

 とドライバーに気合が入っても、何より12月という季節柄で天候の心配がありました。先週のサーキットゲームでは雨と寒さで地獄を見たところだったので、かなり身構えて行ったのですが、12/3は見事に快晴!。流石に寒さはあるものの、かなりの好条件で走れそうです。

 ちなみに、今回の体感耐久の走行枠は3回。フリー走行70分、1stドライバータイムアタック15分、決勝180分耐久となります。まずはフリー走行から。

image

 フリー走行では走行時間を1stドライバーを除く4人で等分し、ドライバー交代も含めて練習する事に。1stドライバーさんは予選のタイムアタック中に練習を兼ねて貰う事ん。ただ、ワタクシはそれほど周回数は要らないので、その分を1stドライバーさんの枠にするつもりでした。

image

 が、フリー走行も30分を過ぎた所で、ヴィッツがクラッシュ。赤旗で10分程度中断となります。あー、ヤヴェ、1stドライバーさんに譲る分の時間は無いかも(汗)。

 そして残念な事は続くもので、今度はEG6がコースアウト。再び赤旗に。嗚呼、譲る分どころかワタクシが乗る時間自体がねぇや(遠い目)。

 幸いにしてワタクシと1stドライバーを除く3名は少ないながらも練習時間をとる事ができました。が、今回新品を投入したタイヤの調整をするには至らず。うーん、もう予測で行くしかないか・・・。

image

 そんなややぶっつけ本番感を残したまま予選開始。1stドライバーを見送ります。

image

 チームメンバーが見守る中、1stドライバーさんは見事に役割を全う!。予選で殺気立つ走行車両があふれる中、自己ベストに迫るペースでアタックラップを決めてくれました!。

 結果総合37台中の28位から決勝180minに挑む事に。

 果たしてアルテさんは3時間を戦い抜く事はできるのか?!。次回へ続きます。

 
Posted at 11:53 in SXE10 | Comment () | Edit

Dec 02, 2017

タツレーシング走行会でアルテさんの練習を。ポルシェも乗らせて頂きました!

image
アレこれ乗るとやはりまだアジャストしきれないまるそうデス。ひっさびさのハイパワー!。

 というわけで、サーキットゲームでMR-Sさんでハッスルした翌日の11/26(日)、タツレーシング走行会にアルテッツァさんを持ち込ませて頂いて、体感耐久の練習会をさせて頂きました♪。ご一緒して頂いた皆様、ありがとうございます!。

 序盤はドラ予定のお二人に乗っていただいて、後半戦はワタクシがハンドルを握り、助手席におひとりづつ乗っていただいてドライビング講習をば。

image

 この日のために助手席を付け直して、助手席用のアンカーボルトも打って、フルハーネスもつけて準備してまいりました。

 ちなみに、通常はワタクシが助手席でドライビングのアドバイスをさせて頂く形ですが、今回は促成栽培的に車のポテンシャルを知っていただくのを目的として、ワタクシの運転にお付き合い頂きました。

 そんなスパルタ特訓も乗り越えて、ドラさんたちもタイムアップ!。この経験を次の体感耐久(ブログのUPが遅れているので、明日ですが;汗)に生かして頂けるといいなー。

 通常のSUGOの走行会だと同乗が可能な機会はほとんどありませんが、タツレーシング走行会は同乗可能なのがウリの一つです。また、プロカメラマンにも撮影して頂けるのでカッコイイ写真が残せますヨー。来年開催時には是非ご参加ご検討アレ。

image

 そして、アイドラーズ耐久で乗らせて頂いたタツレーシングGT3RSにも乗らせて頂けました♪。久々に速い車をSUGOで乗るので緊張です(汗)。

 前日のMR-Sのスリッピーな印象が抜けきらず、また、車のポテンシャルの高さにワタクシの方が合わせきれず、まだまだ詰めどころが満載ですが、それでもあっさり33秒台。凄いという言葉しか出てこない(汗)。貴重な経験をありがとうございます!。

 
Posted at 20:27 in SXE10 | Comment () | Edit

Oct 30, 2017

11/6はSUGOハウマッチと寿司食い放題だ!

image
運動したら動物性たんぱく質を補給すべきと思うまるそうデス。すーしー。

 というわけで、11/6(月)にSUGOで行われるハウマッチ走行会に参加ご予定の方、走行後に寿司食べに行きませんか?!。

 というのも、11月からカッパ寿司全店舗で食べ放題が行われます。これを皆でチャレンジしようというモノです♪。

 16時ぐらいまで走って、食べ放題の最終枠17:30を目指して大河原店に行こうと考えております。ご一緒できそうな方がみえましたらお気軽にお知らせください♪。

image

 また、現在調整中ですが、11/6のハウマッチはうちの耐久用アルテッツァさんを持ち込んで、試乗&練習会をするやもしれません。参加費は御一人様1万円+走行費実費+ガソリン代となります。アルテさんに乗ってみたいという方がみえましたらお気軽にお知らせくださーい。

 そんなSUGOと寿司を味わい尽くす(笑)一日をご一緒しませんか?

Posted at 20:48 in SXE10 | Comment () | Edit

Sep 21, 2017

MR-Sさんちょっと仕様変更、アルテさんメンテ、そしてスマホブロー(涙)

image
TORQUE G01にはよくある事例と知ってショックのまるそうデス。押し込んでいれば使えるらしい。

 というわけで、嫁さん&子供がご実家に帰っている隙をついて、夜なべして車の作業をば。子供の生活リズムに合わせていると、夜作業できなくて。

image

 まずは耐久を無事に走り切ってくれたアルテさん。リフトに上げて車両の目視点検から、エンジン、ミッション、デフのオイルも抜いてチェック。オイルを抜いてる間に、タイヤを組み換え。一番溝が残っている2本を次回耐久用に取っておく。耐久にはもう厳しいけど、練習&スプリント用に使えそうなのを内外入れ替えて組直し。タイヤを外れている間に、ブレーキパッドも取り外してチェック。ついでに練習用のパッドに入れ替えフルードもエア抜き。一式組み換えが終わったあたりでオイルが抜けきるので、新オイル注入。概ねコレでOKかなー。

 タイヤを見ると、もうちょっとキャンバー付けてもいいような気もする。と言って、複数人で乗るのであんまり仕様変えちゃうのもアレな気もする。とりあえず、保留で。

image

 お次はMR-Sさん。前回がオーバーステア祭りだったので、落ち着きを求めてリアの車高をダウン。

image

 2ターンか、3ターン行っちゃうか。とりあえず、3ターン下げてみる。あとは現地で調整かなぁ〜。

 左リアタイヤの外側ショルダーがちょっとキテた感じなので、裏組して左右入れ替えして、フロントに。フロントタイヤは内外の摩耗差が少ないので、そのままリアへ。

 ついでにナックルをグイっとアレして、ちょっとだけキャンバーを付けてみる。気持ちついたかなぁ。

image

 そして、深夜に作業をするとテンションが上がって要らんことまで始めるのはお約束(笑)。まずは、助手席足元の発煙筒を撤去。MR-Sさんは公道で乗らないですので。ついでに灰皿も抜いてみる。

image

 公道走らないならETCも要りませんヨネ?。

image

 ドリンクホルダーもポイ。シガーソケットはカメラやGPSロガー用に欲しいのでむしろ複数口のに変更。

image

 快適装備の雄、オーディオも要りません。

image

 オーディオ無いならスピーカーもツィーターもポイしていいですね。なんか社外のスピーカー付いてました。ヤフオッキーしてガソリン代に生まれ変わっていただきましょう。

image

 ガッチリ固定されていたエアバックのコントロールユニットも取り外し。ABSと連携しているという噂もあるけど大丈夫かしら(汗)。

 こっそりレインフォースも肉抜きしようかと思ったけど、さすがに深夜にガリガリはまずかろうというので、断念。ここまででした。

image

 で、明けて今日体重計に載せてみると、概ね9kgぐらいになりました♪。

 まるそう的には車重の1%変われば体感できる、と思っております。990kgのMR-Sさんなら10kg変われば体感できるかと。・・・9kgじゃダメやん(涙)。

 しかも、今回はキャビン内のモノばかり = ホイールベース内側ですので、劇的な運動性能の変化にはつながらないかなぁ。まぁ、この手のモノは気持ちですから(笑)。

 と、外したパーツを撮影していたら、スマホさんが突然電源OFFに。あれ、おかしいな?、と再起動しても「SIMカードが正常に接続されておりません」と表示されて、再び電源OFF(汗)。

 PCから調べてみたら、どうもワタクシが使っているTORQUE G01の持病みたいです。しかも、致命的な(涙)。とりあえず、SIMを完全に抜いてWifi運用しておりますが・・・。さてどうしよう(遠い目)。

 と、ともあれ、MR-Sさんのちょっと仕様変更完了です。次の走行が楽しみです〜。

Posted at 18:06 in SXE10 | Comment () | Edit

Page 1 of 2: 1 2


ページTOP | RDMW
Powered by
blosxom 2.0