QRcode Raccoon Digital Media Works
電話番号 : 050-7110-0524
MAIL:shop@rdmw.com
TOP お取り扱い商品 G体感 シミュレーター レンタルピット タイヤ交換作業 走行会情報 RDMWについて テスト車両紹介 スタッフブログ
RDMW website

Dec 15, 2017

MR-S修理とSUGOハウマッチと趣味レーター

image
色々やったけど走れないのがショックなまるそうデス。コース閉鎖時こそ趣味レーター!。

 というわけで、前回のSUGO ハウマッチ走行会がちょっと不完全燃焼だったので、12/16,17に開催予定だった今年最後のハウマッチ走行会でラストアタックをしようと気合入れて準備してました。

 が、1枚目写真のようにグリース的なモノがベットリ。あー、こりゃドラシャブーツが裂けたかな、と思ってドラシャブーツを手配。んが、作業をしてみるとブーツに裂けは無し。うーん、ブーツの口から滲んだにしてはコンモリ過ぎる。

 もしかして、1ZZの泣き所チェーンテンショナーからの漏れかしら?。

 うん、確かにチェーンテンショナーからも滲んでるけど、こんなにコンモリも出ないよね。

 となると、1ZZの泣き所2、タイミングチェーンカバーからのEgオイルの漏れかしら。しかも乳化して泡立ってる所をみると、実は、ウォーターポンプから水も漏れてる?(汗)。

 1ZZはこのタイミングチェーンカバーですが、液体ガスケットでシーリングがされています。そのため、Eg組付け時の作業員の技量にかなり大きく依存しているようで、かなりの割合で漏れるようです。ハードに走らせると特に。

 なんだ、液ガス塗ればいいのね、と思ったアナタ。これ、実は凄く大変です。

 タイミングチェーンカバーを外すためには、カムカバー、Vベルト、オルタネーター、エアコン、クランクプーリー、エンジンマウント、ウォーターポンプまで外す必要があります。しかも、作業スペースが狭い(涙)。

 でも、今年の締めの走行をするためには、頑張って交換だ!。

image

 はい、中止です、明日明後日のハウマッチ(遠い目)。

 ウォーターポンプまで外して、ちょっと別件でPCを確認しに戻って、この投稿をみてヘニョりました(遠い目)。嗚呼、残りの作業はゆっくりやろう・・・。 

 そんなコンナでSUGOは2017年のシーズンエンドを迎えてしまったワケですが、そんな時こそ趣味レーター!。

 ちょうどSUGOの冬季閉鎖中を狙って、VRアルテッツァ in SUGOのラップタイムランキングを募集しております。上位入賞者には2018年の体感耐久にうちのアルテさんで参戦する場合の費用減免が付いてきますが、別段耐久に興味が無い方には賞金も選択可能です。SUGOを走れて賞金まで貰えちゃうかもしれない、趣味レーターTAR。是非お試しください♪。

 ちなみに、以前のご報告ではペナルティー喰らいまくりのワタクシでしたが・・・。



 ちょっと進化して、皆様の「壁」役をさせて頂いております。

 が、昨今のワタクシ、アルテさん in SUGO じゃなくて、



 GT3RS in FSW を走り込んでおります。そのためアルテさん in SUGOの走り込みが出来ていません。VRアルテさん in SUGOのランキングを狙うなら今かも?!。

 皆様の挑戦をお待ちしております♪。

Posted at 22:53 in ZZW30 | Comment () | Edit

Dec 12, 2017

SUGOハウマッチ走行会にMR-Sさんで行ってきました アンパネ実証検分!

image image
今年の締めの走行にしたかったまるそうデス。もうワンチャンあるか?!

 というわけで、12/9にSUGOで行われたハウマッチ走行会にMR-Sさんを持ち込んでみました♪。前回走ったサーキットゲームが低温+雨の悪コンディションだったので、やんちゃ系ボンネットとか、こっそりアンパネとかの仕様変更の効果を体感するに至らなかったので、その確認に行ってまいりました♪。ご一緒していただいた皆様、ありがとうございまーっす♪。

 走行枠が飛び飛びだったせいか台数もそれほど多くなく、また、気温も日差しがあれば凍える程では無いといういい感じのコンディションでした♪。こりゃー、出ちゃうかなぁ〜。

 ともあれ、お仕事の兼ね合いもあり時間がそれほどないので、さっと積載車から降ろしてサクッと走りました。



 仕様変更は程々いい感じに決まったのですが、最後の最後でタイヤの空気圧を攻め気味にしたのが裏目に(汗)。タイヤたわんでコントロール性が落ちてます(汗)。それでもベストを更新しつつSPまで!。

 を、これは出ちゃう?。

 と思ったら、最終進入にバックマーカー(遠い目)。まぁ、ハウマッチですから。

 ぱぱぱっとパッシングを送って内側をサクッと抜けてややこじり気味に進入。が、タイヤのたわみに合わせきれず少しオーバーステアに。嗚呼、やっちまった。

 それでもこの周がこの日のベストラップでした♪。自己ベストとしても0.5秒程縮みました♪。

 こっそり次の周もアタックをかけようとしたのですが、バックマーカー集団に遭遇してしまいここでタイムアップ。

 ちょっとすっきり走れたとは言い切れませんでしたが、仕様変更は概ねいい方向に来たようです♪。すこーしアンダーを感じる面はありますが、レインボーや最終コーナーの安定性はだいぶ良くなった感じです♪。

 リザルトを確認すると、最終区間で0.5秒程失ってますので、1周まとめれば仕様変更前から1秒ぐらいは上がった形になるのかなー。タラレバを言い出したら切りが無いですが(笑)。

 今週末に最後のハウマッチが予定されていますので、コンディションとワタクシのお仕事状況が噛みあったらもう一度走りに行きたいかなー、と考えております。でも、週間天気予報を眺めるとちょっと期待薄ですが(汗)。

 果たしてコレが締めになるのか、もう1アタックがあるのか、乞うご期待です♪。

Posted at 09:51 in ZZW30 | Comment () | Edit

Dec 10, 2017

SUGO体感180MIN耐久にアルテさんで参戦しましたの、費用編

image

抑えてもやっぱり結構かかっちゃうのが悩ましいまるそうデス。4万前後。

 というわけで、無事にSUGO体感180min耐久を走り切ったアルテさんですが、費用のご報告です。

耐久参加費用詳細単価個数単x数利用回数1走行あたり
車両レンタル費運搬含む30000130000130000
エントリー代基本料47800147800147800
施設利用料3100515500115500
Egオイル匠オイル EX 10W601750712250112250
フィルター80018001800
MT/Defオイル匠オイル MG 85W14017003510015100
タイヤR-S4 205/55R1610380441560141560
フルードELF DOT428001280012800
FパッドWinmax AP320000120000120000
FローターDIXCEL PD1800011800036000
RパッドWinmax AP320000120000120000
RローターDIXCEL PD1400011400034667
レンタルガレージ各種交換等の作業4800419200119200
合計225677
一人あたり45135


 表中の「利用回数」はそのアイテムが何回耐久レースに耐えられるかの数値です。また、「1走行あたり」は費用を「利用回数」で割ったものになります。例えば、Fローターは3レース使うので、18000円のローターなら1レースあたりの6000円分を負担する、という計算です。

 *今回はスポンサード等もあって、ドライバーの負担額は一人当たり39000円に。ご協力いただいたスポンサーの皆さま、ありがとうございます。また、スポンサー獲得に動いてくださったドライバーさんありがとうございまーっす。

 上記費用の他に利用ガソリン(今回は115Lでした)をドライバーで頭割り、一人当たり23Lの負担となりました。ハイオクが150円/Lぐらいなので、3450円

 今回は走行後のチェックで特に問題がありませんでしたので、追加費用は特に無しです。

 ちなみに、万が一車両を破損した場合は、乗っていても乗っていなくても、当てても当てられても、壊れても壊しても、理由を問わずドライバーさんの頭割りで負担と事前に取り決めました。ただし、修理代の上限は30万(一人6万)までで、それ以上かかる時は車を廃車という事もお約束になっております。

 そんなわけで、ざっくり5万円が1戦あたりの参加費用となります。また来年もアルテさんでの耐久参戦は検討しておりますので、参加してみたいなー、という方はお気軽にお問い合わせください♪。

 ちなみに、G体感型シミュレーター 趣味レーターによる、現在開催中のタイムアタックランキング実車レース付?!SUGO アルテッツァ オーディションの、上位入賞者には2018年のアルテッツァによる体感耐久参戦費用が最大半額!になる賞典があります!。参戦ご検討の方は練習も含めて是非ご活用ください!。

 また、アルテさんの他に、セットアップが決まってきたMR-Sさん、初心者さんの練習用にVits RSもご用意可能です。オイル量やタイヤサイスが小さいのでアルテさんよりもお値打ちに参戦できるようになるかと思いますのでお楽しみに♪。

 1台車両による耐久レースへの参戦は、同じ車両での運転を比較できますので、ドライビングの見直しには凄く有効です。自身の運転技術を見つめなおし、一つ上のステップアップを目指すのに是非ご活用ください♪。

   また、耐久以外にも車両に貸し出しを行っております。サーキット走行をしてみたいけどどうしていいか判らない、以前走っていたけどアタックマシンは手放してしまった、そんな方にもサポートさせて頂きますのでお気軽にお問合せ下さい。

Posted at 10:05 in SXE10 | Comment () | Edit

Dec 08, 2017

SUGO体感180min耐久にアルテさんで参戦しましたの、後日談

image
走った後のアレが大事だと思うまるそうデス。人も車も。

 というわけで、12/3にSUGOで行われた体感180min耐久最終戦に参加してきたアルテさんをガレージに戻して走行後チェックをしました。さすがに3時間連続走行をした後なので、アチコチ点検が必要です。

image

 まずはタイヤ。SUGOではなんと言っても左フロントの負担が大きいのですが、

image

 予想外に綺麗でした。今回アルテさんにはハンコックのR-S4 205/55R16の新品を投入。フリー19周、予選6周、決勝83周を走り切って、この残量。流石にアウト側ショルダーは結構キテますが、左右裏組すればもう3時間ぐらいは走れちゃいそう♪。

image

 ホイールも割れ等のチェックも含めて洗います。この時期の水は冷たい〜。

image

 お次は外装チェック。どうしても近距離戦が増えると飛び石等をもらう事もあるのですが、今回はガラス等も大丈夫でした♪。

image

 フリー走行終盤にお友達の方と軽く接触があったのですが、その影響もほぼ無さそうです。ちなみに、当日、接触があったと聞いてドラさんと一緒に相手さんにお詫びに向かったら、ちょうど先方もこちらに来てくださっていました。ご迷惑をおかけしてすみません〜。

image image

 パッドも外して状態と残量をチェック。ブレーキが良く効くアルテさんはリアも結構減ります。

image

 今年春に新品を入れて耐久を3戦使ったローター。さすがにそろそろリミットでしょうか。

image

 ハブのガタ等もチェックしたら、今度は腹回りへ。各ボルトを締め増ししつつ、油脂類の漏れ等が無いかをチェック。

image

 ジョイントのガタやブーツの状態もチェック。

image

 サスペンション周りも力のかかる所なので締め増ししつつ点検します。

image

 今回は大きなダメージも無く無事に走り切れたようです♪。

image

 そして、車のチェックが終わったら今度は走りのチェックを。ロガーからデータを吸い上げます。

 敢えて1台で耐久に参戦しているのは、このためと言っても過言ではないでしょう。同じ車をドライブする事で、それぞれの運転スタイルを見直す事ができます。それぞれの運転スタイルのイイトコロを吸収して、より良い走りの組み立てを模索しましょう〜。

 ちなみに、アルテさんにはパフォーマンスボックスとマイクロインプットモジュールを接続して、GPSログの他にエンジンの回転数、アクセル開度、ブレーキON/OFFも記録されております。ので、「2本のストレートは6000rpm縛りね!」という紳士協定が守られているか否かもチェックです。

 まぁ、一番守ってないのはワタクシなんですけど(爆)。

 GPSログは運転の結果としての、車両速度や位置を知る事ができます。が、それが何故そうなったのか、という操作系のログを取る事はできません。車両適合があるならSOLO DLが良いのですが、こちらはあんまり適合車種が多くありません。その点、ドリボ・パフォボのマイクロインプットモジュールならアナログデータをログイングできるので、ちょい古い車種でも色々使えるのがイイトコロです♪。

 ともあれ、こうして耐久の走行後チェックを楽しんだのでした♪。

 さらにもうちょっとだけ耐久ネタが続きます。

Posted at 04:58 in SXE10 | Comment () | Edit

Dec 07, 2017

殺しの養成講習会?

image
暗がりの中ぽつんと立っていた看板に恐怖を感じたまるそうデス。隣の部屋は水攻め火責め油責めの教室でした(ガクブル)。

 というわけで、今日はお仕事にお休みを頂いて講習会を受けてきました。今日受けた講習会のテキストをご紹介すると。

image

 殺し屋養成講習会?!。基本は、つけない、増やさない、殺すの3段活用とか。

 細菌とウィルスを、ですが(笑)。

image

 食品衛生責任者の育成講習を受けてきました♪。

 内容はいろいろと面白かったのですが、一番の敵は、

image

 イスでした(遠い目)。ワタクシのぷりてぃーひっぷが椅子さんからの責め苦に耐えられず(涙)。ワタクシ、映画館の椅子とかもダメで、映画館での映画を楽しめない人なんです。さらに、今回の椅子のまっ平加減には・・・(涙)。

 幸い教室は暖かかったので、着ていたセーターを脱いで敷いたりして対処したのですが。それでも結構モゾモゾせざるを得ず、周りの方々のご迷惑になってしまったかも(汗)。ご一緒した方々ごめんなさい〜。

image

 が、K2がまっ平になるのを耐えて、なんとか頂いてきました♪。

image

 ちなみに隣の部屋では、(食材を)水攻め火責め油攻めにする教室が行われていた模様です。いいにおいが漂っていました〜。



 ・・・RDMWはブレーキ屋さんデスヨ?(汗)。

Posted at 18:46 in Diary | Comment () | Edit

SUGO体感180MIN耐久 2017最終戦にアルテさんで参戦して参りました♪ その2

image
トラブルもありつつも走り切れてほっとしているまるそうデス。チーム戦も楽しいですね♪。

 というわけで、SUGO体感280min耐久に参戦したアルテさんが無事に予選を走り切り、ここから180分の耐久レースに挑みます。

image

 180分の走行時間を5人のメンバーで割りますので、一人当たりの持ち時間は36分。この時間はDr交代やガソリン給油を含みます。

image

 また、アルテさんの全開燃費は3km/L(汗)。コレだとかなり厳しいので、2本のストレートでは6000rpmで縛って走るという紳士協定を結んで、燃費の改善も図ります。これだけで1割ぐらいは燃費が改善するハズ。こんな燃費走行も耐久ならではでしょうか。

image

 燃費が3.3km/Lになると、SUGOを走るのに必要なのは1周1.1L。180分で90周走れるとするならば必要なのは約100L。アルテさんのタンクが60Lだから、給油回数は2回を想定していました。

 ただ、これらの計算はレース状況次第となります。S/Cの介入頻度等によって残燃料を計算しつつ調整する事に。

image

 耐久中の花形はもちろんドライバーですが、それ以外にもお仕事が色々あります。通常のレースでは各役割は先任にして作業を担当して頂くのですが、今回は全員に各役割を体感してもらう事に。そのため、ローテーション表を作って管理します。

 ドライバーさんはもちろん運転していますが、pitに帰った後もお仕事終了ではありません。到着後に次のドライバーさんに伝達をしたら、給油中に左のタイヤを確認(作業はしちゃダメです)、そして次のドライバーさんの乗り込みを助手席側からサポートします。

 次のドライバーさんは、トラブルがある等でいつ車両が戻ってくるかわからないので、前のドライバーさんが走っている時は常時待機です。車がpitに帰ってきたらドライバーさんの降車を運転席側からサポート。給油中は右タイヤを確認し(作業は×)、乗り込んで出発。

image

 記録係は毎周のラップタイムと走行状況をPCに記録します。また、総低燃費を入力する事で残燃料の計算をし、給油タイミングを割り出します。給油時はガソリンタンクを保持し、ドライバー乗り込み時は運転席側からサポートを行います。

 給油係はガソリン担当です。給油用の携行缶を準備したり、実際に給油作業を行います。給油後はガソリン缶の撤去を行います。

 消火器係は給油中に万が一の引火に備えて、消火器を構えます。また、車両出発の合図をするのもこの人。

 という具合に、走行前も走行中も走行後もお仕事が満載です。ただ、今回は給油が2回の想定でしたので、ガソリン係・消火器係が空いてしまう事も。その分エアチェックや各種サポートに回って頂きました。

 ともあれ、タイムアタックを決めてくれた1stドライバーがグリッドからローリングスタートを決めます。車両が最も近いスタート時がアクシンデントが起こる確率が最も高いのですが、悪魔の30秒を無事に乗り越えてくれました。

 スタートさえ過ぎれば、序盤は先行する車は前に行っちゃうし、後ろの車とはマージンが付いていく一方です。ある意味最も走りやすいコース状況と言えるでしょうか。ただし、燃料は満タンなので、腹にアンコを抱えたたいやきくんのように身体は重たい。そんな調整が難しい中も、ベテラン1stドライバーさんは安定的に走行を続けてくれました♪。

 スタート28位から順調に順位をあげ20位になったところで、1stドライバーさんの持ち時間が概ね終了。ピットに戻ってドライバー交代を行います。1stピットでは給油は無し。ドライバー交代だけでサクッとピットアウトを目指します。

image

 1stドライバーからバトンを受け継ぐのは、500psマシンからだいぶブランクのある2ndドライバーさん。耐久なのであくまでバトンをつなぐ事が大事。アタックしたい気持ちを押さえて、無理の無いドライビングで周回を重ねます。

image

 が、2ndドライバーのスティント後半にトラブル発生。無線代わりにマウントしていたスマホからの応答が途絶えます。通信用のスマホはBピラーにスマホホルダーをボルト留めし、その上からタイラップで固定しているので落ちる事は無いハズ。ということは、SIMピョンか?!。

image

 固定されているのはワタクシのTORQUE G01。このスマホ、タフネススマホなのにSIMカードスロットがバカになりやすいそうで、SIMカードが飛び出してくる持病があります。バラしてSIMカードスロットに加工して対策は取っているのですが、それでもダメだったか?!。

 仕方がないので、サインボードでドライバーさんとコミニュケーション。固法周回数を提示してピットタイミングを知らせます。サインボード活用させて頂きました! > 某氏 < ありがとぉ〜。

 2回目のピットINは給油を行います。Egを切って、ドライバーが降りて、ドアが閉まったら、即給油を開始!。20Lをアルテさんにブチ込んだら、3rdドライバーが乗り込みます。

 よっし、程々の作業時間でコースに復帰できた!。と思ったらコースIN1週目でフルコースコーションが。S/Cカーの先導走行が始まります。嗚呼、なんてタイミング悪い〜。

 しかも、S/Cカーがちょうどうちの車の直前に介入。コレ、一番、損するパターンじゃね?(汗)。コントロールできる部分ではありませんが、ちょっと悔しい!。

image

 が、その鬱憤はS/C解除後の3rdドライバーさんの奮起で吹き飛ばします。さすがアルチャレで揉まれた猛者の3rdドライバーさん、混戦具合の中でも徐々にペースアップ!。今日のアルテさんの暫定ベストタイムをたたき出しつつ周回を重ねます。

 そして、次なるドライバー今回のエース!。チーム内最若手の担当です。

image

 よーし、ここまでドライバーの順番が回ればワタクシの仕事は95%程終わったも同然(笑)。と、エースを見送ると、再びアウトラップ1周でS/Cカーが介入(涙)。嗚呼、なんともタイミングが悪い。

 というのも、S/Cカー介入中は全ポストで黄旗が振られるフルコースコーションになります。その間はもちろん追い越しはできませんし、コース上の全車が隊列を組んで低速走行を行います。今回なら、1周2分を軽々切るコースを4分超で周回してます(汗)。このゆっくり走るS/C中にピットINして作業をすると、全開走行中にピットINするよりも、走行車両と差が付きづらいと言えます。ただ、S/C中のピットエンドの信号は、隊列通過後数十秒しか青信号にならないので、タイミング次第ではメリットが無い事もありますが・・・。

 今回の耐久ではうちのチームはピットアウト直後にS/C介入があり、お得とは言えない状況でした。が、さすがはエース!。S/C解除に一気にレーシングスピードに持っていくと、自己ベストすら更新する素晴らしい走りを披露してくれます。熱い!。

image

 そして、遂にワタクシへとドライバー順が回ってきます。ピットレーン走行中に残ガソリンと残り時間を計算。チームメイトの皆さんが紳士協定を守って節約してくれたおかげで残り時間は全開で行ってもガソリンはなんとか持ちそうです。

image

 ありがとうチームメイトの皆さま。そして、ごめんなさい、ワタクシだけ常時全開で行きます!。

 どうも紳士になり切れないまるそうデス(遠い目)。

 持ち時間の初めから最後の1周前まで、まさしく「ガンガン行こうぜ」状態。この後にバトンをつなぐ相手もいないので、ガソリンもタイヤも全部使い切るつもりでアタックをかけます。

 なぜ1周前までか、というと、最後の1分になったところで再びフルコースコーション。S/Cが介入したままチェッカーを受けたからでした。

 最終的なリザルトとしては、

 予選 総合37チーム中28位、クラス4台中4位
 決勝 総合37チーム中25位、クラス4台中3位

 というのものになりました。あー、今回は表彰台とは無縁だねー、と思いながら表彰式に行くと、

image

 1台車両チーム中5位!。という形でトロフィーを頂く事ができました♪。

 ドライバーのスキルアップと耐久体験が主な目的のアルテさんでの参戦でしたが、思わぬトロフィーゲットにチーム全員が沸いた表彰式となりました♪。

 ともあれ、無事に走り切れたのも応援して頂いた皆様のおかげです。ありがとうございました!。同じチーム一丸となって走ってくれたドライバーの皆さま、お手伝い&応援に来てくださった方々、また同じイベントを一緒に走ってくださった他チームの皆さま、こんな楽しいイベントを運営して下さったSUGOの皆様、本当にありがとうございます。

image

 こうして私たちのアルテッツァでの180min耐久レースは幕を下ろしたのでした。

 が、もうちょとだけ続きます。

Posted at 07:23 in SXE10 | Comment () | Edit

Dec 05, 2017

SUGO体感180min耐久 2017最終戦にアルテさんで参戦して参りました♪

image

無事にチェッカー受けられてほっとしているまるそうデス。紳士協定違反してごめんなさい(汗)。

 というわけで、12/3にSUGOで行われました体感180min耐久にうちのアルテさんで参戦して参りました♪。ご一緒していただいた皆様、ありがとうございまーっす!。

 体感180min耐久はSUGOさん主催のイベントで、車の入れ替えOKというのが独特な耐久レースです。慣れ親しんだマイカーでの参戦が容易なイベントというので、人気を博しております。が、逆に車の入れ替えOKなため、全開走行をしては車を入れ替えるのが早いという、いわゆる耐久的な要素はカナリ薄いとも言えます。

 が、別段、車を入れ替えなければならない、というルールもありませんので、RDMWでは敢えて1台を複数のドライバーが乗り継ぐ形で参戦させて頂ております。

image

 今回の参戦車両は SXE10型トヨタ アルテッツァ。2L NAの3S-GEを積み、6速マニュアルミッションで操るFRスポーツセダン(笑)です。EG/MT/ECUはノーマル、デフはLSDとファイナルギアはハイギアードに。タイヤはハンコックのR-S4 205/55R16。ブレーキはパッドをWinmax AP3に。内装をは運転席以外を外して軽量化。外装はFRPボンネットとリアにウィングをつけたぐらいのライトチューン車両です。あ、エアコンパワステは取り外してます。

 1350kg程度の車重を200ps程度のエンジンで走らせるFR車。昨今の車だと86BRZとオーバーラップします。が、重量が100kgぐらいアルテさんの方が重たく、さらに重心の高さがちょっと悩ましいトコロ。

image

 事前にテストでSUGOを走らせた時は、ワタクシの運転で1'44.998。四捨五入緒してはイケナイ(笑)ぎーりぎり45秒を切れるぐらいのパフォーマンスでした。でも、この時使ったのは3月の体感で使った残りのフェデラルRS-R 215/45R17。タイヤ幅がソレより狭く分厚くコンパウンドも異なるのでどうなる事やら。

 そんなアルテさんを操るドライバーは5名!。

image

 右端の体格の良い方がファーストドライバー!。FRFFMRを乗りこなすゼネラリストにしてアスリート。スポーツの根幹は練習にこそあり!。研鑽を絶やさぬ頼れる男がタイムアタックから第一枠を担当してくれます。

 その後を引き受けるセカンドドライバーは左下のお方。マスクを掛けたらどうみてもヤ〇キーになってしまった(汗)けど実は心優しい一家の大黒柱。かつて500psを超えるハイパワーマシンを操っていた頃から何年かぶりにサーキットにカムバック!。過酷なお仕事状況の隙間を付いて参戦!。

 レースも折り返し地点となるサードドライバーは右下のお方。接触多発の東北アルファロメオチャレンジを戦い抜いた男が、参加者多数で混戦具合の耐久レースを駆け抜けます。FFセレスピードマイスターが操るFR MTマシンがどんな動きを見せるのか?。

 若さはなにものにも代えがたい資産。おっさん(失礼)x3が早めにダウンしてもいいように4thドライバーを担当してもらったのは左上のチーム内最年少!。が、若い柔軟性でアルテさんもかなりのハイペースで乗りこなす。今回のエースドライバーは君だ!。

 そしてオオトリを担当させて頂くのワタクシ。この5人でチェッカー目指して頑張りました♪。

image

 とドライバーに気合が入っても、何より12月という季節柄で天候の心配がありました。先週のサーキットゲームでは雨と寒さで地獄を見たところだったので、かなり身構えて行ったのですが、12/3は見事に快晴!。流石に寒さはあるものの、かなりの好条件で走れそうです。

 ちなみに、今回の体感耐久の走行枠は3回。フリー走行70分、1stドライバータイムアタック15分、決勝180分耐久となります。まずはフリー走行から。

image

 フリー走行では走行時間を1stドライバーを除く4人で等分し、ドライバー交代も含めて練習する事に。1stドライバーさんは予選のタイムアタック中に練習を兼ねて貰う事ん。ただ、ワタクシはそれほど周回数は要らないので、その分を1stドライバーさんの枠にするつもりでした。

image

 が、フリー走行も30分を過ぎた所で、ヴィッツがクラッシュ。赤旗で10分程度中断となります。あー、ヤヴェ、1stドライバーさんに譲る分の時間は無いかも(汗)。

 そして残念な事は続くもので、今度はEG6がコースアウト。再び赤旗に。嗚呼、譲る分どころかワタクシが乗る時間自体がねぇや(遠い目)。

 幸いにしてワタクシと1stドライバーを除く3名は少ないながらも練習時間をとる事ができました。が、今回新品を投入したタイヤの調整をするには至らず。うーん、もう予測で行くしかないか・・・。

image

 そんなややぶっつけ本番感を残したまま予選開始。1stドライバーを見送ります。

image

 チームメンバーが見守る中、1stドライバーさんは見事に役割を全う!。予選で殺気立つ走行車両があふれる中、自己ベストに迫るペースでアタックラップを決めてくれました!。

 結果総合37台中の28位から決勝180minに挑む事に。

 果たしてアルテさんは3時間を戦い抜く事はできるのか?!。次回へ続きます。

 
Posted at 11:53 in SXE10 | Comment () | Edit

Dec 02, 2017

タツレーシング走行会でアルテさんの練習を。ポルシェも乗らせて頂きました!

image
アレこれ乗るとやはりまだアジャストしきれないまるそうデス。ひっさびさのハイパワー!。

 というわけで、サーキットゲームでMR-Sさんでハッスルした翌日の11/26(日)、タツレーシング走行会にアルテッツァさんを持ち込ませて頂いて、体感耐久の練習会をさせて頂きました♪。ご一緒して頂いた皆様、ありがとうございます!。

 序盤はドラ予定のお二人に乗っていただいて、後半戦はワタクシがハンドルを握り、助手席におひとりづつ乗っていただいてドライビング講習をば。

image

 この日のために助手席を付け直して、助手席用のアンカーボルトも打って、フルハーネスもつけて準備してまいりました。

 ちなみに、通常はワタクシが助手席でドライビングのアドバイスをさせて頂く形ですが、今回は促成栽培的に車のポテンシャルを知っていただくのを目的として、ワタクシの運転にお付き合い頂きました。

 そんなスパルタ特訓も乗り越えて、ドラさんたちもタイムアップ!。この経験を次の体感耐久(ブログのUPが遅れているので、明日ですが;汗)に生かして頂けるといいなー。

 通常のSUGOの走行会だと同乗が可能な機会はほとんどありませんが、タツレーシング走行会は同乗可能なのがウリの一つです。また、プロカメラマンにも撮影して頂けるのでカッコイイ写真が残せますヨー。来年開催時には是非ご参加ご検討アレ。

image

 そして、アイドラーズ耐久で乗らせて頂いたタツレーシングGT3RSにも乗らせて頂けました♪。久々に速い車をSUGOで乗るので緊張です(汗)。

 前日のMR-Sのスリッピーな印象が抜けきらず、また、車のポテンシャルの高さにワタクシの方が合わせきれず、まだまだ詰めどころが満載ですが、それでもあっさり33秒台。凄いという言葉しか出てこない(汗)。貴重な経験をありがとうございます!。

 
Posted at 20:27 in SXE10 | Comment () | Edit

Dec 01, 2017

SUGOサーキットゲーム2017Final オイルレポート

image
皆様のご協力に感謝のまるそうデス。台数多すぎてすべては回れませんでしたが。

 というわけで、恒例になりつつありますが、今回もサーキットゲームの参加者の皆さまのピットにお邪魔して、ご利用のオイルについてお伺いをさせて頂きました。アンケートにご協力頂きありがとうございます。

 こうしたレポートを今年サポートして頂いている匠オイルさんに提出させて頂いたところ、サーキットゲーム最終戦に協賛品として、匠オイルの最上位グレードXTREAMオイルの4L缶を6本と、エンジン内部洗浄剤S.E.Cを24本をご提供して頂く事が出来ました。御協賛ありがとうございます > 匠オイル様。

 ともあれ、参加の皆様にエンジンオイルについて銘柄をお伺いしたところ、今回のランキングは下記のようになりました。

 1. 出光(8)
 2. モティーズ(7)
 3. ガルフ(5)
 3. モチュール(5)
 5. 匠オイル(4)
 5. カストロール(4)
 5. モービル1(4)
 5. ショップブランド(4)
 9. 純正(2)
 9. レッドライン(2)

 CGでは出光がかなりの勢力を誇っていますが、匠オイルさんもじわじわと台数を増やしていますね♪。今回のご協賛品でその知名度が上がるといいのですが。

 ちなに、上記の他に1票づつあったのが、エルフ、スピードマスター、トラスト、HKS、スノコ、FUCHS、WAKOS、TRD、NISMO、ケンドル、シェル石油、コスモ石油、カインズホーム、の銘柄が並びました。

 ・・・か、カインズホーム?!

 「4L 税込み2480円でした」との事でしたが・・・、あ、ホントにある。5W-50というワイドレンジで化学合成油で、さらにこのお値段。恐るべし(汗)。

 ともあれ、皆様のオイル選びの参考になればと思います♪。

Posted at 12:19 in Circuit | Comment () | Edit

ページTOP | RDMW
Powered by
blosxom 2.0