QRcode Raccoon Digital Media Works
電話番号 : 050-7110-0524
MAIL:shop@rdmw.com
TOP お取り扱い商品 G体感 シミュレーター レンタルピット タイヤ交換作業 走行会情報 RDMWについて テスト車両紹介 スタッフブログ
RDMW website

Jul 18, 2017

MR-Sさんの仕様変更後の初転がしをSUGOハウマッチにて!

image
なかなかシビれる動きになったと思うまるそうデス。煮詰めが必要ですな。

 というわけで、昨日7/17にSUGOで行われたハウマッチ走行会にMR-Sさんで参加させていただきました!。ご一緒していただいた皆様、ありがとうございまーっす♪。

image

 実はこのハウマッチ、7/17の前の7/15日にもありました。よーし、15日にシェイクダウンで、仕様を調整して17日に再テストだな!、と考えていたのですが・・・。  7月15日は嫁の誕生日。さすがに走りに行ってきまーっすというワケには行かず、シェイクダウンは7/17に延期されたのでした(笑)。

 ともあれ、前回のノーマル+αの状態からの仕様変更は、下記の感じ。

 足回り RDMWサスペンション テスト品
 タイヤ HANKOOK R-S4 205/45R16
 ブレーキパッド Winmax AP3
 オイルクーラー 10段 運転席後ろエアインテーク内
 EGオイル 匠オイル HQ 5w-40
 MTオイル 匠オイル MG 75w-90

 今回から匠オイルさんのお世話になる事になりました♪。Made in Japanの高性能オイルで安心して踏んでいけます。ありがとうございまーっす > 匠オイルさん。

 が、仕様変更直後なのでセットアップはたたき台のままだし、タイヤも初めて使う銘柄なので色々調べながらの走行なので不安いっぱい。さーって、どんな事になるやら。



 こんな感じ(笑)。シェイクダウンから5〜6秒ぐらいは縮まったのですが、ちょっとオーバーステアがある感じです。また、ドライバーがMRならではの鋭い初期旋回にアジャストしきれず。おいしい領域を「掴む」ようになるにはもう少々車への習熟が必要そうです。

 ただし、流れる前に兆候をつかみやすいですし、流れてからの車の動きも穏やか。NAのフラットトルクのおかげでコントロールもそれほど難しくありません。うむ、ジャジャ馬だったSW20とは大違いだ(笑)。

 また、セットアップの幅が広いのもRDMWサスペンションのイイトコロ♪。たたき台セットがややオーバーステア気味でしたので、車高セットと減衰力調整でもう少し抑えつつ踏めるようにして行こうかと♪。

   ちなみに、今回の仕様変更にかかった費用は、足15諭吉、タイヤ5諭吉、ブレーキ5諭吉、オイルクーラー4諭吉、オイル類1諭吉、ざっくり30諭吉コースでしょうか。

 車両が前期5MTなら15〜20諭吉程度から、ハードトップが何故か中古相場が値上がり(汗)してて20諭吉ぐらい、シート+レールが10諭吉、ベルトが3諭吉ぐらい。車から足まで全部合わせると80諭吉ぐらいになってしまうかなー。うーん、お手軽とは言い難い金額になっちゃうなぁ・・・。

 まぁ、足、タイヤ、ブレーキ、オイルクーラー、シート、ベルト、油脂類についてはどの車を選んでも、概ねおんなじぐらいかかりますし。車両以外にハードトップ(もしくはロールバー)がサーキット走行には必須というのがややネックですが。それでも箱とハードトップ足して40万。ミッドシップ2シーターとしては高いのか安いのか。

 なぜかスポーツカー高騰の波から外れているMR-S、地味に素材としては悪くないかと思いますよー。
Posted at 11:03 in ZZW30 | Comment () | Edit

Jun 19, 2017

MR-S君シェイクダウン! SUGOハウマッチ走行会へ

image
思った以上に面白かったまるそうデス。まずはノーマルの基準値を。

 というわけで、高い車検を通してもらったらお漏らしするようになった積載車さんに合うパッキンを求めてさまよった結果、なんとか水漏れが止まったので、予定通りMR-SさんをSUGOへ連れてきてみました♪。ご一緒していただいた皆様お疲れ様でした〜。

 まずはノーマルで、と言いたいところなのですが、MR-Sさんはオープンカーなので、ハードトップかロールバーが無いとサーキットを走れません。なので、中古相場がえらい高っかいハードトップを装着してきました。また、4点式シートベルトも付けるついでに、運転席のシート自体もフルバケにしてあります。

 その他はノーマル。というか、買ってきたそのまんま。

image

 足回りは(16年間かけて劣化した)純正サスペンションだし、タイヤも付いてきたそのままなのちょっとカピカピしているナンカンNS2。ブレーキパッドもよく車検とかで交換する純正互換品みたいなやつ。もちろん、ECUはノーマルです。マフラーだけがアフター品かな?。結構野太い音がしています。

 ワタクシ、新しい車を手に入れたら、とりあえずそのままでサーキットに持ち込む事にしております。あれこれする前の素性をチェックです。



 あら、思ったよりもMRっぽい!。ステリングへの応答がかなりクイックですっと鼻が入っていきます。純正足だから車は結構沈み込むのですが、それでもMR感を感じられるステアリングです♪。

 が、それだけ挙動が大きく動いても、MRの怖い面はあまり見えてきませんでした。MR2ではリバースステアがいつ起きるか全く予測不能で体感も困難でしたが、MR-Sはホイルベースが長い事も相まって穏やかな動きです。

 また、わずか140psという出力の1ZZエンジンも、MR-Sに組み合わされるとそんなに悪くない!。上の詰まる感じもそれほど強くなく、思ったよりも綺麗に伸びていきます。

 さすがに純正互換パッドは制動力も耐熱容量も心もとないので、ブレーキを詰める事は全くできませんでしたが、車のふるまいとしてはかなりいい感じです♪。これはちょっと楽しめそう〜。

 と、ちろっと3周程味わったところで今日は終了!。パッドもタイヤもアレなので走り込める感じではないので、味見だけでさくっと撤収しました。 image

 ちなみに戻ってロガーを見てみると、1周目が2.02(白)、2週目が1.57(青)、3週目が1.56秒(赤)でした。今日のエントリーが60台超と混み気味だったのと、ノーマルな事を考えればこんなモノでしょうか。パッド、タイヤ、足で10秒ぐらい縮む、といいなぁ。

image

 タイムが近いところで比較してみると、MR-S(赤)、ヴィッツ(青)、SLK(緑)という感じ。加速力的にはSLKにちょっと届かないぐらいでしょうか。SLKさんはワタクシの開発した足が入っているのでちょっと卑怯ですが(笑)。

 ともあれ、MR-Sさんは思ったよりもいい感じの感触が得られました♪。ここからどうしていこうか楽しみです♪。

Posted at 16:54 in ZZW30 | Comment () | Edit

Jun 12, 2017

ドMかSか? 新マシン導入!

image
それ程ドMマシンじゃない事を祈るまるそうデス。AW11は凄かったからなぁ。

 というわけで、こっそり新マシンを購入しました♪。車はMR-S。

 というのも、耐久号のアルテさんが思った以上に燃費が悪く、もうちょっと軽い車もイイカモネーという話が出ていました。 ただ、ワレワレの耐久参戦はあくまでドライビングの見直しと練習のため。となると、やはり後輪駆動の車が望ましい。 また、ハードに使う事を考えると耐久性的にも安心がいい。 そんな条件に照らし合わせた結果、MR-Sも候補に挙がっていました。

image

 また、ワタクシ個人の理由として、リアヘビーの車の練習をしたい、というのものもありました。 というのも、昨年アイドラーズ12時間耐久で総合優勝をしたGT3-RSに今年も乗らせて頂けるという話に。 もちろん今年も趣味レーターで練習はしていますが、できれば実車での感覚も養いたい。 本当は同じ車で練習がしたいのですが、さすがにGT3RSはとても手が出ないので、せめてリアヘビーな車の限界挙動を体験しておこうかと。また、GT3RSはPDKのパドルですので、ちょうどMR-Sならシーケンシャルのモデルもある♪。そんな訳で、6速シーケンシャルモデルを軸に探しておりました。

image

 で、ちょうどいい感じの6速シーケンシャルのMR-Sが出物であったのですが、残念ながらギリギリで競り負けました(涙)。その翌日、MR2に乗るお友達がみえたので、「MR-S逃しちゃったのよねぇ〜」と話をしたら、後輩さんが手放すかも?という情報が。速攻で渡りをつけて頂いて、その翌々日には現地に引き取りに行くという電撃結婚(笑)。よっぽど競り負けたのが悔しかったらしいです(笑)。

 紹介してくれたお友達のMR2との2ショット。
image

 残念ながら探していた6速シーケンシャルではなく、5速マニュアルにはなってしまいましたが、リアヘビーな事には間違いないし、6速シーケンよりはちょっと軽いので耐久にはむしろアリかと。ほぼノーマルなので、サーキットを走れるように少し手を入れる必要がありますが。

 しかし、実は、ワタクシ、自由に使える最初の車は初代MR2 AW11だったりします。その後、2代目MR2ことSW20を2台乗りづいています。ここへきてMR-S購入で、トヨタMR兄弟は全制覇です♪。

 また、こっそりホンダ ビートも以前所有しておりましたので、車歴中に地味にMR率が高かったりします。

 MRと言えば、3台乗り継いだ三菱GTOの2代目はMRでした(それは三菱レーシングの略)。

image

 ともあれ、リアヘビーマシンの練習に、耐久マシンにと活躍して頂く予定のMR-Sくん。よろしくお付き合いいただきますようお願いします♪。
Posted at 19:57 in ZZW30 | Comment () | Edit

Page 1 of 1: 1


ページTOP | RDMW
Powered by
blosxom 2.0